インプラントをやらない理由
僕たちが学生の頃、インプラントが流行っていました。インプラントが一般歯科に受け入れだして、いろんなところで行われるようになったぐらいの時期だったように思います。その当時は、学年の中でも器用でなんでも出来る人間が将来の自分の臨床に取り入れようとする風潮が強いような感じがありました。

『歯医者としてカッコいいのは、インプラントなどの最新のことをしている人だ』ぐらいの空気感があったのです。私もその例に漏れず、卒業したらインプラントの勉強をしていろんな患者さんに治療を行っていこうと思っていました。
『でも、それってどうなんだろう?本当にそうか?』と学生のときに、ふと疑問に思ったのです。

時代の流れでそういう空気感になっているので、猫も杓子もインプラントでした。それだったら、みんなが勉強するんだし、僕がインプラントをしなくても治療を受けられる患者さんは勝手に増えていくだろう。だったら、インプラント治療が様々な理由により受けられなくて困る人が必ず出てくる。そういう人たちを救えるような分野の治療が出来た方が、助かる人や喜ぶ人は増えるんじゃないかと思いました。

では、それは何なのでしょうか。インプラントが出来る人はいい。でも、全身の病気によりインプラントが適応外になった人、顎の骨が薄すぎたり、厚み不足で出来ない人、高齢でインプラント手術に耐えられない人、高額な費用がかかるので経済的理由により無理な人など、救えない人がいることも事実です。そのような人は歯を失ったことで食事や見た目などを諦めないといけないのでしょうか。

そんなことはありません。入れ歯(義歯)があります。入れ歯は歯型をとるなどの作製するための作業さえできれば、ほとんどの人に適応可能です。当然保険もききます。入れ歯をきっちりと作ることが出来れば、そういう患者さんは間違いなく救われるのではないかと思ったのです。

また、世の中にインプラントをすることが当たり前という空気感が出てくるにつれ、ある現象が起こりました。それは、入れ歯の勉強をする先生の減少です。

どういうことなのでしょうか?どんな歯科医師でもそうですが、勉強はしています。医学は日進月歩していますので、それが当たり前です。勉強しないなんてありえません。しかし、時間は限られています。つまり、勉強できる量に限界があるということです。一つの分野をしっかり勉強することと、いくつかの分野を並行させながら勉強するのとでは得られる知識や技術の経験値が変わって当然でしょう。いろんな知識を中途半端に勉強することにも繋がりかねません。

勉強しているのに目の前の患者さんを助けられないという状況も生まれるかもしれません。であれば、何かに特化した方がいいのではないかと思うのが普通でしょう。

そのため、時代の流れとともに、若手の先生は入れ歯よりもインプラントの治療を優先していることが多いのです。セミナーの参加者をみていてもそうです。明らかにインプラントのセミナーと入れ歯のセミナーでは、参加者の年齢層が違います。このようなことが起こるととんでもない時代が来ます。入れ歯の勉強をあまりしない先生が入れ歯を作るとどうなるでしょう。

『先生、入れ歯が痛くて、物がろくに食べられません。』
『だから、言ったでしょう。噛めたものじゃないって。やっぱり、インプラントをしないとだめですよ!』

という流れで、インプラントに誘導されていきます。その先生はインプラントにしたいのだから当然でしょう。もちろん、中にはインプラントでなければ、満足できなかった方もいるでしょうが、入れ歯をきっちり作っていれば食事なども問題なくできていたかもしれません。このような負の連鎖が起こる可能性があるのです。事実、そのようなことが現場では起こっています。

しかも、インプラントには絶対と言っていい程、必要なものがあります。それは骨の量です。骨が無ければインプラントはかなり難しくなります。そのため、悪い先生は早めに歯を抜こうとします。歯周病などの化膿性の病気が進行して骨が無くなってしまうとインプラントが出来なくなるからです。でも、それって本末転倒じゃないですか?歯を残そうとするのではなく、まだ残せるかもしれない歯を早めに抜いてしまうのですから。それを歯医者と呼べるでしょうか?当然、抜かざるを得ない状況の歯であれば、抜いてインプラントという方法も良いとは思います。しかし、あくまでギリギリまで歯を使える状態で残せるようにする。これこそが歯医者の仕事ではないでしょうか?そこに私は違和感を感じるのです。

こういう目(抜かなくていい歯を抜かれてしまうなど)に合う人を少しでも減らしたい、皆さんにとっての最後の砦でありたい、という考えがどんどん強くなりました。
そういった理由により、私自身はインプラントをやりません。その勉強をする時間があれば、入れ歯をもっと勉強して、より多くの患者さんを助けたいのです。

では、岡本歯科ロコクリニックでは、インプラント治療は受けられないのか?と言うと、そうではありません。私はやらないというだけで、インプラントが必要な方はいることも事実です。

違う選択肢よりも明らかにインプラントの方がいいだろうという方も多いでしょう。そういう方には、私自身が信頼できるような先生を紹介しようと考えています。もし、そういった治療を受けられるのでああれば、専門的に勉強をし、たくさんの方々にインプラント治療を行ってきた方にお願いすべきであると思うからです。

中途半端に勉強をし、適当に手術を行っている先生が事実、存在しています。間違ってもそういった先生に診てもらうようなことがないようにしたいのです。

どうせやるなら、より確実に、より長持ちするような治療であってほしいのです。こういったことが結果的に、皆さんの笑顔に繋がると信じています。

こういった理由から、少しでも皆さんの人生が笑顔で溢れるために、インプラントをしないという選択肢を私はとったのです。

岡本歯科ロコクリニック

〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 
PAGE TOP