チーズで虫歯予防?!

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。
研究で、チーズを食べると虫歯予防になることが判明したそうです。チーズは口内のアルカリ性を強めて歯の腐食を防ぎ、さらに歯の表面に保護膜を形成するため、虫歯予防になるらしんです。特に固めのチーズが良いそうです。ちなみにチーズの虫歯予防の効果は、WHO(世界保健機構)も認めています。
チーズが虫歯予防になる理由は、チーズを食べることで口内のアルカリ性が強まる点にあるそうです。歯の腐食が進むのは、口の中が酸性の状態の時だからなんです。
今回の研究を行ったのは、アメリカのAcademy of General Dentistryという研究機関。実験では、12歳から15歳の68人の子どもを3つのグループに分け、各グループにチェダーチーズ、砂糖無添加のヨーグルト、牛乳を飲食してもらって、飲食後、口をゆすいでもらったのち、歯の表面に付着している歯垢のpH値を測定したそうです。
歯垢のpH値は、実験前と実験10分後、20分後、30分後と4回にわたって測定し、値の変化を調べました。その結果、ヨーグルトと牛乳を摂取した子どもは計測した4度のpH値に変化が見られなかったそうです。しかし、チーズを食べた子どもは食後にpH値が高まる、つまりアルカリ性が強まるという結果に。さらに食後、3度の計測の度にアルカリ性が強まっていったのだそうです。
研究者の意見では、チーズはpH値を調整する役割をもつ唾液の分泌を促進するため、アルカリ性が強まるのではないかとのことです。さらに、チーズを食べると歯の表面に保護膜が作られ、歯のエナメル質が腐食するのを防ぐ効果もあるとのこと。チーズに豊富に含まれているリン酸やカルシウムが、初期の虫歯の再石炭化のパワーを高める効果もあると判明したのだとか。つまり、チーズを食べることで虫歯になりかかった歯を元の健康な状態に戻す効果が期待できるということだそうです。歯を守ってくれるチーズの力、すごいですね!
カルシウムが摂取できるなど、健康にいいとされているチーズ。WHO(世界保健機関)でも虫歯になるリスクを減らす食べ物として、シュガーレスガムと並び、固めのチーズを推奨しているのだとか。
どうしてチーズは歯にいいのか?
チーズには虫歯に進む反応を抑える効果があるそうです。
食事をすると歯垢の中にいる細菌が食べ物の糖分を分解して酸を生み出します。この酸が大量に発生すると歯のエナメル質が溶け出し、初期の虫歯になります。
一方、チーズを食べると、チーズに含まれるミネラルが唾液の中にあふれ出します。実はチーズのミネラルには酸の働きを弱める効果があるため、エナメル質が溶けるのを防ぎ、虫歯予防につながるそうです。
ちなみに、チーズはおやつで食べるようなプロセスチーズより固めのナチュラルチーズを20グラムくらい食後に2~3口よく噛んで食べると効果的だそうです。よかったら参考に、チーズを食べてみてくださいね!

 

おすすめ記事

  1. 滅菌や殺菌、消毒など、歯科医院としてのコロナ対策はしっかりと!
  2. 東灘区で歯科衛生士を探してるなら、岡本歯科ロコクリニックへ
  3. 被せ物の寿命はご自身で伸ばしましょう!
  4. 口腔ケアで、コロナやインフルエンザの予防を
  5. 妊娠中の歯の治療と口腔ケア
  6. どうして虫歯になるの!?
  7. 歯石の正体って何?
  8. 冬の知覚過敏(冷たいものがしみる)について by ロコクリブログ…

関連記事

  1. 岡本歯科ロコクリニックの考える『笑顔』の話
  2. なぜ、岡本歯科ロコクリニックは訪問歯科に力を入れてるの?
  3. 岡本・摂津本山のスイーツ『ショコラリパブリック』
  4. 岡本歯科ロコクリニックの二次カリエスの話②
  5. 赤ちゃんの歯のメンテナンス
  6. 1日1杯のお酒は体にいいの?
  7. 妊娠中こそ口腔ケアを!つわりがツライときには歯磨きで乗り切りまし…
  8. ビタミンCのお話①
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP