年をとっても噛めるって大事!

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。今回は認知症と歯周病の関係が指摘されているお話をしたいと思います。
歯周病が進行するということは『噛めない』ということに繋がっていきます。
入れ歯を作れば問題ないのでは?と思われるのかも知れませんが、天然の歯に比べると噛む力が2〜3割にも満たないというので『無いよりは良い』という程度でしょう。
ごく稀に「この入れ歯はぴったりで、なんでも噛めるから苦労したことなんてないよ!」とおっしゃる方もいますが、本当にごく稀な場合です。
顎は頭蓋骨に繋がっていますので、よく噛むということが脳への刺激になります。
この脳への刺激が少なくなることが、やはり認知症の発症リスクを高める可能性があるようです。
日本の65歳以上の4425人を4年間追跡した結果、自分の歯が20本以上ある人と比べると、歯がほとんどなく入れ歯も使っていない人は、認知症の発症リスクが平均1.85倍にも高まるのだそうです。
また、アメリカで75歳から98歳までのシスター114人を14年間追跡した研究データもあります。
こちらも自分の歯が9本以下の人は、10本以上の人と比べて平均2.2倍もアルツハイマー病になりやすかったとのことになり、残っている歯の数が少ないほどアルツハイマーのリスクが高いという結果が示されたそうです。
脳への刺激の減少だけでなく、食事の内容が制限されることも拍車を掛けている可能性があります。
当然ですが、何でもバランス良く食事が出来ていた時と比べると栄養の不足や偏りが起きるため、脳や身体の機能低下に繋がるということです。
また、口の中や身体の機能が低下すると、社会的ネットワーク…つまり人との繋がり乏しくなったり避けるようになることも考えられます。
75歳以上の健康な高齢者1203人を社会的ネットワークが充分なグループ、そうでないグループに分けた場合の調査があります。
これによれば、社会的ネットワークが充分なグループと比べて、それが乏しいグループでは認知症の発生率が約8倍に上ったそうです。
歯があることによる「噛める」「話せる」「楽しめる」というのは、脳の活性化には欠かせないものかも知れませんね。
元気に長生きするためには歯が大切、と頭の片隅にでも置いていただければ幸いです。なにか気になられることがあれば、みなさんお気軽にロコクリまでご相談くださいね!

おすすめ記事

  1. クリーニングの効果が出ているサイン??
  2. ヒトは顔の筋肉のおかげで表情があるの?
  3. 今こそ口腔ケアで高齢者の健康な生活の確保を
  4. 歯を食いしばるのがスポーツ?!
  5. その辛い奥歯の痛みは副鼻腔炎(蓄膿症)かも!③
  6. ただ歯を残すのではなく、健康な歯を残していく!
  7. JR摂津本山駅で歯の定期検診を受けるなら、岡本歯科ロコクリニック…
  8. 岡本、摂津本山で小児歯科行くなら、どこに行く?

関連記事

  1. 歯が痛いときの応急処置ってどうするの!?
  2. 歯垢と歯石のお話
  3. 歯磨き後のお口ゆすぎのお話①
  4. 歯を失うとどんな影響があるの!?
  5. 訪問歯科診療のお話①
  6. 歯に詰める金属って安全ですか?
  7. 歯医者さんってどうやって選んでいますか? ②
  8. 口腔ケアの大切さ!
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP