フロスや歯間ブラシって使っていますか?

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。
みなさん、歯ブラシだけではなく、デンタルフロスや歯間ブラシを使っていますか?
持っているのに使っていない、とおっしゃる方も多くてもったいないので、今回はフロスや歯間ブラシのお話です。
毎日の歯ブラシだけでは、実は60%しかプラーク(歯垢)を落とせません。
そこで大切なのが「デンタルフロス」と「歯間ブラシ」です。
これらを歯ブラシで併用することで80%ものプラークを落とすことができます!!

̞ここでデンタルフロスの使い方をご紹介したいと思います。
デンタルフロスには、糸巻きタイプのものとホルダータイプがあります。
今回はより経済的な糸巻きタイプの使用方法をご紹介します。
1、フロスを40~50cm位に切ります。両手の中指に2~3回巻きつけ、15cmくらいの長さにします。
2、両手の親指と人差し指 でフロスをつかみ、ピンと張ります。
3、歯の表面に沿わせるように、フロスを前後にやさしく数回動かします。
4、やさしく動かしながらフロスを取り出します。うまくフロスが取り出せないときは無理をせず、片方の指からフロスをはずし、前からゆっくりと引き抜きましょう。
説明だけではなんだか難しく感じてしまうかもしれませんが、慣れるとすごく簡単で、なによりスッキリしてすごく気持ちいいんです!
また部分ごとのフロッシングのコツとしては、
①前歯のフロッシング
上の歯の場合 片方の人差し指と、もう片方の親指で上向きに押さえます。
下の歯の場合 両手の人差し指を下に向けて押さえます。

②奥歯のフロッシング
上の歯の場合 両手の人差し指を上に向けて押さえます。
下の歯の場合 両手の人差し指を下に向けて押さえます。

 

そして、歯間ブラシの使い方もご紹介します。
歯間ブラシには、歯と歯茎の隙間 の大きさにあわせいくつかのサイズがあります。
また、I字とL字のタイプがあり、一般的には前歯はI 字、奥歯はL字が使いやすいとされています。

前歯
I字タイプ、L字タイプ どちらでもOKです!
歯間部にゆっくり歯間ブラシを挿入し、前後に数回動かしましょう。

奥歯
I字タイプのものは折り曲げられるものもあります。
お使いの商品の使用方法をよくご確認ください。
あまり口を大きくあけず、歯間ブラ シで頬の内側を押し出すようにしてブラシ部分を歯間部に挿入し、左右に数回動かしてください。
いかがでしょうか?なかなか使い始めるまではハードルが高いかもしれませんが、使いだすとやみつきになってやめられなくなるんですよ♪是非1度トライしてみてくださいね!
使い方がわからない!という方はロコクリでご説明いたしますのでお気軽に聞いてみてくださいね!

おすすめ記事

  1. 原因が分からない歯の痛みは歯科心身症かも!?①
  2. 唾液のお話②
  3. 噛み合わせや歯ぎしりによる知覚過敏 の治し方!
  4. 岡本歯科ロコクリニックが語る『世界のチョコレート事情』②
  5. お薬を常用されている方へ
  6. 妊娠中に食べたほうがいいものってなに?
  7. お口のエイジングサインについて知ってますか?②
  8. 噛むことの大切さ

関連記事

  1. 過剰歯ってご存じですか?③
  2. アイスクリームで歯が痛くなることがあるのはなぜ?
  3. 歯がしみる(知覚過敏)ことって、ないですか?
  4. 入れ歯のお話
  5. 阪急岡本駅の岡本歯科ロコクリニックの思う『正しいおやつ』
  6. お子さんの歯磨き
  7. 歯の根っこの先に膿がたまる!?
  8. 象牙質のお話
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP