お子さんのお口を鍛える!?

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。
小さなお子さんで、いつも口があいている子はいませんか?
いつも口が開いているのは、口の周りをぐるっと囲む筋肉『口輪筋』が弱いからなんです。
こういった子は、無理に口を閉じようとすると違う筋肉が緊張して下唇の下に「しわ」ができることがあります。
このような場合、訓練として消毒した5円玉に、飲み込まないように糸をつけて上下の唇で挟み込んでみてください。
これにより口輪筋が鍛えられ、口を閉じた状態が維持できます。慣れてきたら、5〜10グラムの重りをつける事でさらに効果があがります。
テレビやゲームで遊んでいるとき、勉強している時など1日30分間以上続けてみてください。
他には、風船を膨らませるというのも効果があります。
風船をいっぱい膨らませて、空気を抜いてを何度も繰り返してみて下さい。これは1日3分間以上続けてくださいね。5歳以上で風船が膨らませられない場合は、口輪筋の機能不足が疑われます。
もしお子さんの口がよく開いてるなと気になっていたらぜひお試しください。
また、最近お母様から、自分のお子さんがしっかり咬まずに食事をしてしまう。あるいは、食べるのが遅い。という相談をうけます。
原因は口の周りの筋肉や、舌の筋肉の働きが悪いところにあります。
「よく噛んでさっさと食べなさい!」というだけでは、解決になりません。やっぱりトレーニングが必要になります。こちらはとても簡単に行えますのでぜひ試してみてください。
その名も口の体操。
①頬の筋肉の体操
頬を力強く膨らませたり吸引したりします。一日に5〜10回行ってください。
②舌の筋肉の体操
舌を出して左右の口の端、上唇をなめて舌を目いっぱい出します。その後上顎に舌を5秒間押し付けます。この動作を一日に5〜10回行ってください。
③口の周りの筋肉の体操
口をしっかり閉じてから、ゆっくり「パ・ピ・プ・ペ・ポ」と力強く発音しますこの動作を一日に5〜10回行ってください。
頬の筋肉、舌の筋肉、口の周りの筋肉(口輪筋)を鍛える事で、食事がしっかりとれる、それにより食べ物の栄養の吸収性も高くなり肥満を防止できます。また同じ意味で咀嚼に必要な唾液もたくさん出てくるので消化を助けます。同時に表情筋も鍛えられ、表情豊かな笑顔がでるようになります。
ぜひご自宅等で試してみてくださいね。

おすすめ記事

  1. 12月は甘いものに注意!
  2. 保険の被せ物には、保証期間があるのをご存知ですか?
  3. 岡本、摂津本山で小児歯科行くなら、どこに行く?
  4. 糖尿病と歯周病の関係って?
  5. 「ミキサー食」「ソフト食」とは?
  6. 寝る前に飲む飲み物に注意 !②
  7. 歯を失う原因の歯根ってなに!?
  8. 岡本歯科ロコクリニックが2周年を迎えました

関連記事

  1. 日曜診療を始めた岡本駅の歯医者さん、岡本歯科ロコクリニック
  2. 歯医者もキャッシュレスの時代!
  3. 岡本歯科ロコクリニックのヒアルロン酸の考え方
  4. 1時間の治療時間を取るポリシー
  5. その辛い奥歯の痛みは副鼻腔炎(蓄膿症)かも!①
  6. 唇の老化は20代から!!
  7. 岡本駅のマタニティ歯科『妊娠中に出来る赤ちゃんの虫歯予防』
  8. 電動歯ブラシのおすすめ!
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP