虫歯を放置するとどうなるの? ②

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます。
今回も引き続き、虫歯を放置する人の共通点や放置することによるリスクについて詳しくお話したいと思います。
虫歯を放置する期間が長ければ長いほど、抜歯や病気を引き起こすなど大きなリスクが伴います。引き続きそれぞれの詳細についてお話します。
リスク①激しい痛みを覚える
虫歯が進行すると、激しい痛みを覚えることがあります。
進行度によって痛みの強さは異なり、はじめは冷たいものや甘いものがしみる程度だったのが、象牙質まで虫歯が進行すると痛みを感じるようになります。
さらに、虫歯が神経まで達すると激しく痛むことがほとんどです。
また、大人の虫歯は子どもの虫歯と比べて痛みが出にくいとされています。
痛みを感じた階では、すでに重症化している可能性が高いです。虫歯は放置せずにできる限り早く歯科医院を受診しましょう。
リスク②口臭がきつくなる
口臭がきつくなるのも、虫歯を放置するリスクの一つです。
歯垢や虫歯菌が虫歯に付着してたまると、細菌が繁殖してにおいがきつくなります。
さらに虫歯が進行して神経にまで到達すると、神経が腐敗したにおいが発生します。
そのほか、虫歯によって炎症が起こり、出血や膿ができるのも口臭がきつくなる原因の一つです。
リスク③神経を失うことになる
虫歯を放置すると、やがて虫歯は神経にまで達します。
神経にまで達した虫歯は、基本的に「根管治療(こんかんちりょう)」と呼ばれる神経を取り除く治療が必要です。
神経を失った歯は栄養が行き届かなくなり、もろくなります。歯根が割れたり、根管の感染を引き起こしやすくなり、抜歯が必要になる可能性も高くなります。
神経を失った歯の寿命は短くなってしまうので、できる限り神経を残すためにも早めの診療が必要です。
リスク④抜歯が必要になることがある
虫歯は進行し続けるため、やがて歯が溶けて歯としての機能は失われてしまいます。
歯が溶けてほとんどなくなっている場合、治療するにも抜歯が必要になる可能性が高いです。
抜歯をすれば入れ歯やブリッジ、インプラントで失った歯を補わなければなりません。
欠損した歯の治療は定期的なメンテナンスが必要になるほか、インプラントは保険適用外なので治療費用が高額になります。
抜歯をすると治療にかかる時間やお金も増えるので、抜歯が必要になる前に虫歯治療を行いましょう。
リスク⑤炎症や病気を引き起こす可能性がある
虫歯を放置すると、お口以外にも影響を及ぼします。
たとえば、上の歯の虫歯を放置すると、虫歯の細菌が鼻の粘膜に感染して「副鼻腔炎」になるリスクがあります。
そのほか、虫歯菌が根管から骨髄に感染し、顎の骨を腐敗させる「骨髄炎」になったり、虫歯菌が血液に入って「脳梗塞」や「心筋梗塞」になったりする可能性もゼロではありません。
お口以外の部分で炎症・病気を引き起こす可能性があるので、虫歯は放置せずに早めに治療を受けましょう。
万が一、現在放置している状態でも、まずは一度歯科医院を受診して現在の状況と必要な治療について知ることが非常に大切です。気になられた方はロコクリまでお気軽にご相談くださいね!

おすすめ記事

  1. オーラルフレイルのお話
  2. 摂食、嚥下機能のアンチエイジング
  3. 食べ物をよく噛むことで得られる8つの効果
  4. 神戸市東灘区岡本の皆さん、訪問歯科で何ができるかご存知ですか?
  5. 若い女性でも知覚過敏になる方が増えている!?②
  6. 歯がないとどうなるの!?
  7. 歯の神経のお話
  8. ミュータンス菌ってなぁに?

関連記事

  1. 正しい食べ方と飲み込み方
  2. 仕上げ磨きの方法って?
  3. 子供の滑舌が悪いのは舌が原因!?②
  4. 良い歯医者ってどんなところ?
  5. 保険治療と自費治療の違いって?
  6. その習慣、むし歯になりやすいかも!?
  7. 今こそ口腔ケアで高齢者の健康な生活の確保を
  8. 白い歯って素敵♪②
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP