お年寄りのお口を守る新常識! ①

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます。
まだまだ寒い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
来週からはやっと少しあたたかくなるようですね。
さて、昔と違い、最近は70歳、80歳になっても、自分の歯の大半をしっかり健康に残せている人がとても増えてきています。お年寄りが歯の健康を保っているのは素晴らしいことです。いっぽう、だからこそ気を付けるべき、お年寄りの歯の新常識があるってご存知でしたか?今回はお年寄りにとって大切な、新たな歯のケアについてお話たいと思います。
みなさんは、『8020運動』という言葉をご存知でしょうか?これは今から30年ほど前の平成元年に、日本歯科医医師会と厚生省(当時)が推進しようと始めた運動です。「80歳までに20本の歯が残せれば、健康で楽しく食生活が過ごせる」という考えです。20本以上の歯が残っていれば、食品の咀嚼をするのが容易と言われていて、8020の実現によってお年寄り自身が「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」という願いが込められています。
これは裏を返せば、自分の歯をたくさん残すことのできているお年寄りは、当時はとても少なかったことを意味してもいます。昭和62年の歯科疾患の実態調査によると、80歳以上で20歯以上有する者の割合はわずか7.0%。80歳の1人平均の歯数は4.0本しかありませんでした。お年寄りになっても、自分の歯がほとんど残っていなかったという悲しい現実があったのです。
しかし、「8020運動」スタートから30年を経過した令和2年。今では、国民の皆さんの不断の努力と歯科医師の指導により、80歳超の方々のなんと半数以上で「8020」が達成出来たと報告されています。30年間で7%から一気に50%超まで飛躍しました。多くのお年寄りの方々が、しっかりと自分の歯で食事を楽しむことができるようになったのです。とても素晴らしいことだと思います。
今から5年後の2025年には、我が国の後期高齢者(75歳以上)の人口は約2180万人となり、日本人の5人に1人が75歳以上となります。「8020」の実現によって、自分の歯で健康で楽しく食生活を送ることができる高齢者の方々は今後も増え続けていくことでしょう。
そこで必要になるのが、お年寄りの歯のケアに関する「新常識」なのです。いったいどういうものなのでしょうか?次回引き続きお話していきますね。

おすすめ記事

  1. 歯周病菌と虫歯菌はキスでうつる!?
  2. 歯磨きの仕方、あっていますか?
  3. 歯が浮くように感じることってある??②
  4. 歯が抜けたら放置しないで!②
  5. コロナウイルスを予防する口腔ケア②
  6. お口をより清潔に!
  7. 歯がしみる(知覚過敏)ことって、ないですか?
  8. うがいは鼻からしてみましょう!

関連記事

  1. 口の中にニキビ!?
  2. お子さんのお口を鍛える!?
  3. フルーツってむし歯になるの?
  4. 『マウスピース矯正って、どんなもの?②』
  5. 3分美人と30年美人
  6. グラグラの乳歯は抜いたほうがいい?②
  7. 歯の着色を予防したい!!
  8. コロナ禍で気になる歯のお話
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP