お子さんの事故に気を付けて! ②

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます。
今回は子供によく起こる事故(傷害)についてお話しさせていただきます。
歯医者には、お子様が歯をぶつけてしまったというご連絡が入ることがあります。
4歳までのお子様は怖いという感覚を一度体験しないとわからないことが多く、高いところから落ちたり様々な失敗をします。
多少の失敗はお子様の成長にとって必要だと思いますが、その失敗が大きな事故に繋がる場合が稀にあります。
お子様は本当に目を離すことができずママさんは本当に大変ですよね。
今回も引き続きお子様に起こりやすい事故についてまとめてみました。
ママさんパパさんが注意するポイントを少しでも絞り楽になることができれば幸いです。
③転落・ケガ
新生児はまず抱いている時に落とさないこと。これも少なからずあります。
またソファなどで一時的に寝かしたりしていると赤ちゃんが動いて転落してしまう場合がありますので本当に注意が必要です。
またハイハイや少し歩くことができるようになると気をつけないといけないポイントは階段、玄関です。柵をできればしておいた方が安全です。またドアに指を挟むことにも注意が必要です。
そしてさらに動けるようになった時に気をつけていただきたいのはベランダや窓からの転落です。
落ちることが怖いということは赤ちゃんは全くわからないのでためらいなく落ちてしまいます。重大な事故に繋がりますので踏み台になるような家具などは近くにおかないようにしておきましょう。
また歯ブラシをくわえたまま走りまわることがありますが、これは大変危険です。そのまま転倒し上顎に突き刺さった例があります。お箸や歯ブラシをくわえて歩くお子様は注意しましよう。
④おぼれる
乳児は10センチの深さの水でおぼれます。絶対に手を離さないようにしましょう。
ハイハイができるようになると浴室に一人で入り込み湯船に残っていたわずかな水でおぼれる事故の報告があります。プールも同様ですが、水は全て取り除いておきましょう。
歩くことができるようになった後は川や海で遊んでいる時におぼれる事故が起きてきます。遊ばせる場合はライフジャケットをつけましょう。大人もできればつけましょう。
⑤交通事故
生後すぐからチャイルドシートは必ず必要です。法律で義務付けられていますのでご存知かとは思いますが、チャイルドシートをつけずに車に乗せることは大変危険です。
お子様だけ死亡するケースが多いので一時的にママさんが抱っこするなどもせず必ずチャイルドシートに乗せてから車を発進させましょう。
歩くことができるようになると道路への飛び出し事故が増えます。
お子様は車は止まるものだと認識していることが多いので必ず目を離さないようにしましょう。また自転車に乗せるときはヘルメットを着用しましょう。特に最近は電動自転車が多く、重い自転車が増えているので事故の際も大きな事故に繋がりやすいです。お子様はヘルメットを嫌がる子が多いですが、必ず着用することをお勧めします。
気をつけるポイントが多く、全てを網羅することはむずかしかもしれないですね。しかし、起こりやすい事故を知って置くだけでも事前に起こる確率は下がりますので心の片隅にとどめておきましょう!!

おすすめ記事

  1. ホワイトニングのお話
  2. 歯の痛みのお話
  3. ステインのお話
  4. 免疫のお話
  5. よく噛んで痩せるダイエット!
  6. 森林浴のチカラ
  7. 噛むということ
  8. アイスクリームで歯が痛くなることがあるのはなぜ?

関連記事

  1. お口のチカラのコントロール2
  2. 冬の感染症のお話
  3. 岡本歯科ロコクリニックで、お口の中をしっかりケア!
  4. 海外旅行前に歯の検診?!
  5. 歯磨き後のお口ゆすぎの話②
  6. お子さんのお口の発育は大丈夫??2
  7. 歯磨き粉って必要なの?
  8. お子さんのお口の発育は大丈夫??1
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP