阪急岡本駅近くの岡本歯科ロコクリニックが話す『唾液の話』

タイトル:唾液って、大事なんです!

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。
今回は唾液のお話をしようと思います。
”唾液”とは、文字通り口から垂れる液ですね。
”よだれ”も 唾液が余って垂れるから ”余垂れ(よだれ)”というらしいです!

ご存知でしたか?

昔は、子供が口をあけると、ビショビショに唾液が出る子供が多かったので、歯科で治療する歯医者さんからしてみれば、唾液は厄介者だったそうです。
ところが、最近の子供は、口を開けていても唾液(つば)がたまらない。おかげで治療はとても楽になりましたが、いいということばかりではありません。なにかが大きく変わってしまったのでしょうか?
まず一つとして、食生活の変化があげられます。

特に常に水やお茶など飲み物を飲みながら食べている子供が多いです。流し込みながら食べている、”流し込み食べ”をしているのです。。これでは唾液でなくなります。
昭和30年代まで、食事中にお茶飲むと「行儀悪い」と言われたものです。サザエさんの漫画にも、食卓に”湯のみ”は置かれておらず、お茶は食事が終わったら、みんなで飲むものだったのです。
今はファミレスでも、席につくとまず最初に水を持ってきてくれます。
マウスの実験でも、水分の多いエサを与えると、耳下腺・顎下腺の発達が悪かったそうです。
同じことが、いま私達の子供たちに起こっているのかもしれません。
そういえば・・と自分でも小さい頃を思い出すと、いまよりもっともっと「よく噛みなさい」と言われるまでもなく、もっと噛み応えの多い食事があったような気もします。
今の時代は、お仕事をもつお母さんも増えてきてなかなか食事の用意も大変だと思いますが、幼少期からの日々の食事の経験は生活習慣として、大きく響きます。
どうか親御さんもご一緒になさって考えていただきたいことです。お母さん方もお若くても、どんどん唾液は減ります。お子さんとご一緒に、お食事時の水分の取り方をちょっと工夫されて、唾液が出るように思い切ってトライしてみましょう。お水・お茶などをお供にせずとも、良く噛めば必ず唾液は出ます。やらなければ出ません。ゆくゆくは唾液がでなくなるばかりでなく、飲み込み困難になってしまう可能性もあるんです。

唾液が少ないと虫歯ももちろん増えてしまいます。
なにも知らないでいて気がついたら不自由になってしまうなんて、もったいないですよね。

おすすめ記事

  1. 摂津本山駅の歯医者さんが実施する訪問歯科について
  2. 岡本歯科ロコクリニックのよくわかる『キシリトール』
  3. 透明の飲み物って、どうなの??
  4. 岡本、摂津本山で小児歯科行くなら、どこに行く?
  5. 岡本歯科ロコクリニックの『歯間ブラシとフロス』の話
  6. 岡本歯科ロコクリニックの『実はすごい唾液の力』
  7. 岡本歯科ロコクリニックの日曜診療はいつから?
  8. コーヒーのデカフェについて

関連記事

  1. 妊娠と歯周病の意外な関係について
  2. 岡本歯科ロコクリニックの語るキシリトールのすごい話
  3. 歯周病と糖尿病が深く関係してるってほんと?
  4. 岡本歯科ロコクリニックの軽くて丈夫なバレない入れ歯
  5. 岡本歯科ロコクリニックでは、唾液で遺伝子検査が出来る
  6. 岡本歯科ロコクリニックの野菜を食べることの話
  7. 新しい歯間ブラシがLIONさんから出ました!
  8. なぜ、岡本歯科ロコクリニックがインプラントをやらないのか!

岡本歯科ロコクリニック

〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP