岡本歯科ロコクリニックの免疫と口との関係の話

タイトル:免疫はお口から!

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。
不潔なお口の中というのが、誤嚥性肺炎の原因となることは、あまりにも有名な話なので聞いたことがある方は多いでしょう。
その予防には、やはり口腔ケアが必要不可欠ですね。
でも、よく考えていただきたいのです。
なぜ口腔内の細菌が肺炎を引き起こすのに、口の中は平気なのでしょうか。
このことを進化の謎から考えてみてみましょう。
まず、細胞分裂は精子が卵子に受精した瞬間から始まります。
そして、細胞分裂が繰り返されると、多細胞となり生物は大型化していきます。
大型化すれば、栄養の供給が必要になります。
そこで、細胞の一部が陥没します。これが原口というものです。
進化の中では、口が最初に登場するのです。
さて、口ができることで、栄養の摂取効率が増していきます。
おかげで細胞は、ますます巨大化できるのです。
そうすると細胞は、さらに栄養の摂取効率を高めなければなりません。
そこで口は、深くなり腸管が誕生します。
腸管の誕生により、飛躍的に摂取効率が高まり、生物は巨大化の道を歩み続けます。
しかし、ここには落とし穴が存在するのです。
無制限に摂取効率ばかりを求めると、病原性を持つ細菌の侵入も許すことになります。
これは生物の死滅につながります。
そこで、腸管の周囲には、最初の免疫細胞である原始マクロファージが誕生するのです。
これは白血球など、すべての免疫細胞のルーツなのです。
つまり、ヒトの免疫は、口から食べることがきっかけで作られた機能なのです。

だから現実に、ヒトの全免疫細胞の約60%が腸管周囲に存在しています。
口から食べることは、ヒトの進化にそった栄養摂取の方法であることがわかりますね。
それでは、IVH等の点滴などによる全静脈栄養の生活が続くと、ヒトの免疫機能はどうなるのでしょうか?
なんと腸管は紙のように薄くなり、免疫細胞が作られず、その機能は低下するのです。
唾液に含まれるリゾチームやLGAなどの抗菌物質。
それに咽頭周囲にある扁桃腺が、ヒトの防御機能として働くのも同じ理屈です。

ところで肺は、水中でエラ呼吸する魚類から、陸上へ進出する時に腸管の一部が膨隆したものです。
進化の中では、食物摂取とは関係しないから感染に対しては弱いのです。

いずれにせよ、ヒトの免疫は口から食べることにより進化してきました。
だからわたしたちは、進化の鍵となってきた口腔を守ることが必要なのです。

おすすめ記事

  1. 訪問歯科って?
  2. マスクだから口臭が気になる!?
  3. 岡本の皆さん!歯周病と生活習慣の関わりって、ご存知ですか?
  4. 歯周病と糖尿病が深く関係してるってほんと?
  5. 入れ歯安定剤のお話①
  6. どの歯が痛いかわからない!?
  7. ビタミンCのお話②
  8. 阪急岡本駅近くの岡本歯科ロコクリニックが話す『唾液の話』

関連記事

  1. レモンブーム
  2. お子さんの歯の怪我について
  3. 岡本歯科ロコクリニックの二次カリエスの話②
  4. 土台の歯が虫歯になってしまうのはどうしてでしょうか?
  5. 阪急岡本駅で日曜診療をしている歯医者さんの岡本歯科ロコクリニック…
  6. フロスや歯間ブラシって使っていますか?
  7. 歯周病と糖尿病が深く関係してるってほんと?
  8. 岡本駅で、ホワイトニングをしたいときはロコクリへ
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP