災害時に歯のケアはどうする?

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます。
忘れたころに地震が急に発生したり、災害はいつどこで起こるかわかりませんよね。災害時の口腔
今回は『 災害時の口腔ケア 』についてのお話したいと思います。
災害時の口腔ケアで、命に関わる感染症のリスクを少しでも下げることが大事です!!
災害時は不規則で偏った食生活やストレスなどで免疫力が低下します。こうした状況で歯みがきができないと、お口の中の細菌が増え、むし歯や歯周病、口臭の原因になります。
特に免疫色が低下したお年寄りは、細菌が肺にまで達し、”誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)”という感染症を引き起こすことがあります。これは死に至ることもある病気です。災害時だからこそ、お口の中を清潔にしておくことはとても重要です。今回は災害時の水不足の中でもできる口腔ケアの方法をご紹介しますので、ぜひ参考にされてください。
① 水が少ない時の歯みがき
STEP1
少量の水をコップに準備します。その水で歯ブラシを濡らしてから口の中に入れ、歯をみがきます。
STEP2
歯ブラシが徐々に汚れてきますので、ティッシュペーパー(あればウェットティッシュ)で歯ブラシの汚れをできるだけ拭き取り、再び水で濡らして歯をみがきます。これをこまめに繰り返します。
STEP3
最後に、残ったコップの水で2~3回に分けてすすぎます。
またこちらは、一気に含むのではなく、2~3回に分ける方がきれいになります。液体ハミガキ、洗口液などをご使用いただくとさらに効果的です。
② 歯ブラシがないとき
歯ブラシがない場合は、食後に30ml以上の水やお茶でしっかりうがいをしましょう。またハンカチなどを指に巻いて歯を拭い、汚れを取るのも効果があります。
③ だ液を出すことも大切
だ液には口の中の汚れを洗い出す働きがあります。水分をできるだけ摂り、あごの付け根=耳の真下の部分をマッサージしたりして温め、だ液を十分に出すよう心がけてください。ガムをかむのも効果的です。
夏になると、次は台風などで被害に遭われる方も増えるかもしれません。
災害時での調査で、”持ってくればよかったもの”の上位に「歯ブラシ」が挙がっています。防災バッグを準備されている方も多くいらっしゃることと思いますが、食べ物、飲み物、衣服に合わせて準備しましょう。入れ歯を使用している方は入れ歯の準備も忘れずに。災害を一緒に乗り越えていきましょう!!

おすすめ記事

  1. 自分にあった方法で歯磨きをしましょう!
  2. 噛み合わせについて考えてみましょう!
  3. 味覚障害ってどんなもの!?
  4. ロコクリでは日曜日も診療しています!! ②
  5. 唾液検査って知ってますか?
  6. 歯肉炎と歯周炎
  7. お口に関する日本の世界との差①
  8. 口内炎のお話

関連記事

  1. 寝る前に飲む飲み物に注意 !③
  2. どうして歯並びが悪くなるの?
  3. むし歯に関する意外なお話!
  4. 岡本駅の歯医者が勧める口腔ケアグッズ
  5. 歯が抜けたら放置しないで!!
  6. コロナウイルスを予防する口腔ケアについて
  7. 過剰歯ってご存じですか?②
  8. 妊娠中の歯の治療と口腔ケア
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP