歯周病って何かわかっていますか?

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます。
歯周病ってよく目にしたり耳にしたりするので、なんとなく分かっているつもりになっていませんか?歯周病ってどんなものか、本当にわかっていますという方は、実は少ないのではないかと思います。なので今回は『 歯周病の基礎知識 』についてのお話したいと思います。
お口の2大疾患と言えば「むし歯」と「歯周病」です。むし歯は比較的馴染みがある疾患かもしれませんが、歯周病となるとそのリスクをあまり知らない方が多いのが現実です。大切なポイントを簡単にまとめたので、もう一度見直していきましょう!
歯周病は、初期段階では歯ぐきの出血や腫れといった軽い症状ですが、最終的には歯を支える骨(歯槽骨)が溶け、歯がぐらぐらになって抜けてしまいます。自然治癒はしないので、治療せずに放っておけば、全ての歯を失うことになります。実は、歯を失う原因第1位は、むし歯ではなく歯周病なんです。
日本人のおよそ成人の8割が歯周病と言われています。しかし、初期段階での自覚症状が少なく、気付いたときには歯槽骨が溶け始めているということが珍しくありません。ですので、自分で歯周病だと自覚していない人がかなりいます。
そして、歯周病の進行は止められますが、一度溶けてしまった歯槽骨を完全に元に戻すのはかなり難しくなります。歯槽骨が溶けてしまうと歯ぐきが下がり歯が長くなったように見えるなど、見た目にも問題が出てきます。このように、【自覚症状が少なく、気付いた頃には元に戻れない】のが歯周病です。
歯周病の原因は歯周病菌と呼ばれる細菌です。実は皆さんもご存知の歯石は細菌の棲み処です。そのため、治療は歯石を除去するなど、お口の衛生状態をよくすることが中心になります。歯石を取るのは時間が掛かるため、通院回数が多くなる場合もあります。しかし非常に大切な治療ですので、しっかり最後まで通うということが重要です。
自覚症状が少ない、一度進行すると元に戻れない、気付いた頃には手遅れ… 本当にとても怖い病気ですよね。歯をさせる骨を溶かしてしまう疾患なので、隣り合う歯2本3本が同時にグラつくこともあります。大人の方は特に、歯科医院で検診を受けることをオススメします。

おすすめ記事

  1. 年をとっても噛めるって大事!
  2. 濃い甘さにご注意を!
  3. 銀歯が見える女性は嫌われる?③
  4. 根管治療って長くかかるのはなぜ?
  5. フルーツってむし歯になるの?
  6. お口のエイジングサインについて知ってますか?③
  7. 僕がなぜ、子供たちの虫歯を無くしたいのか?
  8. 岡本歯科ロコクリニックの免疫と口との関係の話

関連記事

  1. 歯がないとどうなるの!?
  2. 岡本サマーフェスティバルで石畳ボーイズとして出演
  3. 噛むことって大切です!!
  4. 歯科の麻酔のお話②
  5. 歯が健康寿命に影響するの?
  6. 次世代のリップ、ラシャスリップ!
  7. お口が乾くドライマウス
  8. 阪急岡本駅の岡本歯科ロコクリニックが語る「子供の歯」
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP