岡本歯科ロコクリニックの語るキシリトールのすごい話

タイトル:キシリトールのすごいお話①

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。
みなさん、「キシリトールはなんとなく歯にいい」そんなイメージを持っていませんか?

実はキシリトールには、なんとなくどころではない“スゴイ!!”がつまっているんです。
今回はそんな知られざるキシリトールのすごさをご紹介したいと思います。

むし歯は、お口の中のむし歯菌(ミュータンス菌)が原因でできます。むし歯予防の基本は、歯ブラシなどの道具を使って、毎日“菌(プラーク)を取り除く”ことが基本です。

キシリトールはそのミュータンス菌に直接働きかけ、“むし歯の原因そのものを弱らせる”ことでむし歯を予防することが出来ます。
ミュータンス菌には、種類が2種類あります。

むし歯をつくる力のつよい“悪玉菌”と、

むし歯をつくる力のよわい“善玉菌”です。

キシリトールは、その力のつよい“悪玉菌”を減らすので善玉菌が優勢になり、むし歯になりにくいお口になります。

歯の表面につくプラーク(歯垢)はミュータンス菌のすみかです。

キシリトールを取り続けることで1年後にはミュータンス菌は半分以下に。

さらに、2年後には4分の1にまで減少します。

ミュータンス菌は糖分から歯を溶かす「酸」をつくりだします。しかし、キシリトールから「酸」はまったく作られません。

キシリトールを妊娠6ヶ月のお母さんが13カ月食べた研究では、生後1歳の時点でお口にミュータンス菌がいたこどもは、食べていないお母さんのこどもに比べて、4分の1でした。

キシリトールはミュータンス菌をうつりにくくし、感染を予防します。キシリトールを取ることは、あなただけでなく、こどものむし歯予防にもつながるのです。

キシリトールは天然の甘味料で、シラカバやカシなどといった樹木から採れ、主にフィンランドで生産されています。

その安全性は、厚生労働省や国際的会合JECFAでも認められています。また、私達の食べている野菜やくだものにも含まれている身近な素材です。
キシリトールは、ショ糖(砂糖の主成分)とほぼ同じ甘さ。

だから、おいしくむし歯予防ができます。

まれにお腹がゆるくなる人もいますが、これは食物繊維のように消化されにくいため。少量から始めれば、身体が慣れていくので心配いりません。キシリトールは、血糖値を上げにくい甘味料なので、糖尿病の方の食事にも甘味料として長年使われています。

キシリトールのすごさ、分かっていただけましたか?(^^)/

次回はキシリトールをどんな時にどう選べばいいか、もう少しご紹介したいと思います♫

おすすめ記事

  1. 噛み合わせって大事?
  2. 口腔癌の原因とはなんでしょう?①
  3. その辛い奥歯の痛みは副鼻腔炎(蓄膿症)かも!③
  4. エナメル質形成不全って知っていますか? ①
  5. 食べる順番に気をつけよう!
  6. 原因が分からない歯の痛みは歯科心身症かも!?③
  7. 電動歯ブラシって使っていますか?
  8. 寝られないぐらい痛いときは、岡本歯科ロコクリニックへ

関連記事

  1. えんとつ町のプペル
  2. 歯の検査ってなに?
  3. 新型コロナで味覚障害になるわけって?
  4. カテキンってすごい!
  5. 岡本歯科ロコクリニック、『抗生物質』の話
  6. しっかり噛んで健康に!①
  7. 岡本駅の歯医者さんが勧める乳幼児向けの歯ブラシ
  8. 歯磨きの頻度はどうしていますか?
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP