岡本歯科ロコクリニックのよくわかる『キシリトール』

こんにちは(^ ^)

岡本歯科ロコクリニック(ロコクリ)院長のしんや先生こと、池澤慎哉です!

今日は、『キシリトール』について、お話ししたいと思います!

『キシリトールって、聞いたことはあるけど、何がどういいのかはわからないわ。』

『フッ素とはどう違うのかしら?』

『どうやって、活用したらいいの?』

という疑問をお持ちの方も多いと思います。今日はその辺りの疑問を解決し、少しでもスッキリできればと思います(^ ^)

まず、『キシリトール』とは何なんだ?というところからいきましょう!

『キシリトール』は、砂糖などの代わりになって、食品などの甘さを感じさせる成分で代用甘味料と呼ばれています。

砂糖と同程度の甘みを持っているのですが、カロリーでみると4割程低いこと、体内での吸収が遅いとのことで、糖尿病の方にも有効だと言われています。お口のなかでは、冷涼感があり、スーッとする感じがあります。

では、この『キシリトール』を歯に使うとどんなことが起こるのでしょう?

そもそも虫歯というのは、虫歯菌が砂糖を食べることで『酸』を出し、それにより歯の表面溶かしていく病気なのですが、虫歯菌がキシリトールを砂糖と勘違いして食べても『酸』がほとんど出ないので、虫歯になりにくいという仕組みなんです。

ということは、『キシリトール100%のガム』を食べても虫歯にならないの?

その通りなのです(^ ^)

厳密に言うと、ならないことはないのですが、かなりなりにくくなります!

さらに、『キシリトール』を食べた虫歯菌は歯を溶かす『酸』を出す能力が低くなります。ばい菌の攻撃力を弱めてくれるので、ダブルで虫歯を予防してくれるのです。

前にもお話しした通り、『フッ素』は歯が溶けにくいようにするので、歯の守備力を上げてくれます。そして、再石灰化を促進するので、結局歯に働きかけます。

対して、『キシリトール』はばい菌に作用して、酸の産生を抑制して歯が溶けにくいようにしたり、ばい菌を弱らせて攻撃力を弱めるので、主に菌に作用します。

つまり、作用するものが違うので、両方した方がいいんです!!

ダブルで活用すると、より虫歯効果を発揮してくれます(^ ^)

活用の仕方としては、ガムがオススメですが、100%キシリトール配合のガムでないと、ちゃんとした効果は得にくいので、歯医者さんで相談してみてくださいね!

おすすめ記事

  1. フロスや歯間ブラシって使っていますか?
  2. 痛くない麻酔と言えば、岡本歯科ロコクリニック!
  3. なぜ知覚過敏になるの?
  4. 日本古来の「まごわやさしい」で歯の予防!?
  5. 岡本、摂津本山の皆様、『リカルデント』知ってますか?
  6. 岡本駅のマタニティ歯科『妊娠中に出来る赤ちゃんの虫歯予防』
  7. 歯垢と歯石の違いのお話
  8. 舌に苔!?by岡本歯科ロコクリニック

関連記事

  1. ビタミンCのお話①
  2. JR摂津本山駅のまた行きたくなる歯医者さん
  3. 歯周病菌と虫歯菌はキスでうつる!?
  4. ダイヤモンドで歯を削る?
  5. 誤嚥性肺炎を予防する!舌を鍛えるトレーニング
  6. 歯の色ってどう思う?①
  7. 歯の色ってどう思う?②
  8. 歯並びって、矯正でしか治せないんじゃないの?
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP