3つの目でお子さんの歯を守りましょう!!③

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます。
「子どもの歯をむし歯から守る」ことが大事であることはもちろんわかっていても、ではいったい何をどうすればいいのか、日々悩むお母さんお父さんも多いことと思います。
実はいちばん肝心なのは、「3つの目」を上手に活用することなんです。
「3つの目」とは、「保育園・幼稚園・学校の目」「歯科医師の目」そして「親の目」のことです。今回も引き続きお話していきたいと思います。
③ 第3の目「親の目」でお子さんに愛情を注ごう
お子さんをむし歯から守る3つの目、その最後は、もちろんご両親の目です。
でも、それまでの2つの目の活用がされていれば、お父さんお母さんも負担はそこまで大きく感じずに済むのではないでしょうか。
その分、日々のちょっとしたことに気を遣ってあげるといいでしょう。
まず小さなお子さんの場合、歯みがきの際にはお父さんお母さんが仕上げ磨きをしてあげまよう。お子さんとのスキンシップを育む貴重な時間になります。
お子さんがきれいに字を書けるようになれば、手先の器用さも出てきて歯ブラシも上手に動かせるようになってきますので、そのころまで仕上げ磨きをしてあげるといいでしょう。
また、おやつにも少々だけ気を配りましょう。それは、おやつの時間を決めておく、ということです。
歯の表面は食べ物によってわずかに溶け、また石灰化することを繰り返しています。だらだらと食べていると歯が再石灰化をする時間が無くなってしまいます。おやつを食べる時間を、例えば「毎日3時から15分間」、というように決めておき、おやつのあとは必ず歯みがきタイムとすれば、むし歯を防ぐのに大変効果的です。
やはり、いちばん身近にいるご両親の目が、お子さんに愛情たっぷりに注がれるといいですね。
お子さんの歯をむし歯から守る3つの目。これらを上手に連携させていくことがとても大事です。保護者の方もぜひ、学校、そして歯科医師と手を携えながら、3つの目をしっかり役割分担することで、一緒にお子さんの歯を守っていきましょう。
何か気にあることがあれば、ロコクリまでお気軽にお問合せくださいね!!ロコクリは日曜日も平日と同じように診療しております。親子でご来院いただくのも大歓迎ですので、お待ちしております♪

おすすめ記事

  1. 神戸市東灘区の歯医者さんで、300項目以上の遺伝子検査が受けられ…
  2. 被せ物の寿命はご自身で伸ばしましょう!
  3. 岡本の皆さん、ご存知ですか?『フッ素の取り入れ方』
  4. 糖尿病と歯周病の関係って?
  5. 妊娠中は虫歯になりやすい?
  6. 世界のチョコレート事情をご存知ですか?
  7. 噛むことの大切さ
  8. 「リカルデント」と「キシリトール」について考えてみましょう!

関連記事

  1. 東灘区で歯科衛生士を探してるなら、岡本歯科ロコクリニックへ
  2. 歯間ブラシ・デンタルフロスの正しい順序って??
  3. お子さんは何歳から歯医者に通う?
  4. 保険治療と自費治療の違いって?
  5. 毎日のケアで歯周病を防ごう!!
  6. それぞれの歯が持つ大事な役割
  7. 神戸市の岡本歯科ロコクリニックの衛生士が行うPMTC
  8. その銀歯、保険で白くできるかもしれません!!
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP