岡本歯科ロコクリニックの思う、入れ歯の洗浄について

タイトル:入れ歯の洗浄されていますか?

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。

入れ歯をお使いのみなさん、入れ歯のお手入れで洗浄剤を使われていますか?
入れ歯はからだの大切な一部です。だからこそ知っていただきたい正しい知識を今回は書いていきたいと思います。

実は、入れ歯には細菌や真菌(カビ)など、目に見えない菌が付着しています。この病原菌がお口で繁殖すると炎症を引き起こし、さらには様々な要因と共に全身の病気へと発展していく恐れがあります。

口から呼吸器系へと侵入した最近は誤嚥性肺炎などの原因になることがあります。また、細菌はやがて循環器系へと侵入し、菌血症などを発症することもあります。

からだの健康のためにも、入れ歯を毎日清潔に保ちましょう。

入れ歯は食べカスなどのヨゴレだけでなく目に見えないヨゴレもケアすることが大切です。特に部分入れ歯は、金属部分の形が複雑なため、ヨゴレが付着しやすく、入れ歯の隣の天然歯のムシ歯や歯周病などの要因となることがあります。

天然歯用のハミガキ粉で入れ歯を磨くとハミガキ粉に含まれる研磨剤で、入れ歯にキズがついてしまいます。入れ歯を傷つけないように入れ歯専用の製品を使用してできるだけ毎食後にまんべんなくブラッシング洗浄するようにしましょう。

それに加えて『毎日』入れ歯洗浄剤で除菌することが大切です。

その理由は、入れ歯に付着した歯垢(デンチャープラーク)が増殖し、口臭、残存歯のムシ歯、歯周病、さらには細菌性肺炎と全身への感染源となる可能性が考えられるからです。

こういった問題を起こさないために、『毎日』ブラシを使用した清掃(機械的清掃)と、入れ歯用洗浄剤を用いた科学的清掃によるデンチャープラークコントロールが重要です。

また、入れ歯は乾燥すると、変形したり、ひびわれてしまうこともあります。乾燥を防ぐため、長時間保管しておく場合は、必ず水に浸しておくようにしてください。なお、その水の代わりにポリデントなどの洗浄液に浸けておくと、洗浄もできて一石二鳥なのです。

ただし、入れ歯は高温により変形することがありますので、絶対に60℃以上のお湯をかけたり、浸したりしないでくださいね。

入れ歯に長期間にわたり蓄積したタバコのヤニ、茶シブなどは専用のブラシや洗浄剤でもなかなか落ちにくいものです。やすりなどで無理に取ろうとすると、入れ歯が破損する原因にもなります。無理に取ろうとせず、かかりつけの歯科医に相談しましょう。
日々のお手入れで清潔な入れ歯を使って、お口の健康を保ちましょう!!

おすすめ記事

  1. プラークとバイオフィルムと歯石の違い!
  2. 健康な口腔内を守るために!
  3. 治療途中の歯を放置して欲しくないと願う理由
  4. 岡本、摂津本山の皆様、『リカルデント』知ってますか?
  5. 嚥下障害で子供が物を飲み込めないことがある!?
  6. はちみつは歯周病予防に有効?
  7. 昼間は大丈夫なのに歯の痛みで夜眠れない!どうして!? ①
  8. 歯に良い食べ物、むし歯になりにくい食べ物

関連記事

  1. 今こそ口腔ケアをしましょう!
  2. 意外と知らない歯の構造
  3. 口内炎
  4. 岡本歯科ロコクリニックの『訪問歯科』について
  5. 金属アレルギーには気をつけて!
  6. 岡本歯科ロコクリニックの野菜を食べる話②
  7. お子さんの歯の生え変わりのお話②
  8. 高齢者の方は虫歯をしっかり治療するべきなんです!②
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP