岡本歯科ロコクリニックは、できるだけ丁寧な言葉遣いに気を付けています。

タイトル:丁寧な言葉遣い

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。
ロコクリで患者さんとお話する際に大切にしていること。それは『丁寧な言葉遣い』です。
あなたが言葉をしっかり伝えようとするとき、どんな言い方をしますか?

説明してもなかなか言うことを聞いてくれない相手だったら、イライラした感情が爆発して、乱暴な言葉遣いになりがちです。
厳しい言葉のほうが、感情が含まれている分、相手の心を動かせる場合もあります。
大きな声のほうが聞きやすいのも事実です。
しかし、ここに大きな誤解があります。
実際のところ言葉遣いが汚いと、話の内容がきちんと相手に伝わらなくなります。
お話する相手の立場になって考えてみてください。
怒りながら乱暴な言葉遣いで話す人がいれば、どう感じるでしょうか?

『話の内容』より『怒っている様子』のほうに注意が向くはずです。
『怖い』『危害を加えられるかもしれない』『この場から逃げたい』『どうしてこんなに怒っているのだろう』
そして、「あまりこの人には関わらないほうがいい」という気持ちになってしまいますね。

言葉遣いが乱暴だと、不安や恐怖に注意が向き、話の内容が頭に入ってこなくなります。
人は、防御本能があります。危険を察知すれば、本能として危険に注意が向き、そのことで頭がいっぱいになります。そのため乱暴な言葉で感情的に伝えたところで、思うように伝わらないのが現実です。
『いくら怒っても、相手が私の言うことを聞いてくれない』といった悩みの原因は、ここにあります。乱暴な言葉遣いを使ったところで、メリットはありません。むしろ言葉が伝わらない上、嫌われてしまうだけ。乱暴な言葉遣いは、どれだけ言っても伝わらないんです。
ここで意識したいのが『丁寧な言葉遣い』です。乱暴な言い方やトゲトゲしい言葉遣いは避け、丁寧で優しい言い方を心がけましょう。ムカムカしても、心を落ち着かせ、冷静に伝えましょう。
感情的になるのは避け、理性的に伝えるようにします。
『私はこう思う』『○○だから、こうしてほしい』『○○だから、やめてほしい』
丁寧な言葉遣いで、必要なことはしっかりと伝えます。
すると、相手は話の内容に集中しやすくなります。
『なるほど』『そういうことですね』『わかりました』と、しっかり理解することができます。
伝えたい言葉があるなら、丁寧な言葉遣いを意識しましょう。丁寧な言葉遣いは、短い一言でもしっかり伝わるんです。
ロコクリではこれからも患者さんに寄り添ってお話できるように心がけていきますね!

おすすめ記事

  1. 3つの目でお子さんの歯を守りましょう!!③
  2. オーラルフレイルのお話
  3. 電話恐怖症の方は、岡本歯科ロコクリニックのLINEを活用ください…
  4. 滅菌や殺菌、消毒など、歯科医院としてのコロナ対策はしっかりと!
  5. 阪急岡本駅の岡本歯科ロコクリニックが観たワールドカップ
  6. 衛生士ってどんなお仕事?
  7. 虫歯予防になる食べ物や飲み物②
  8. 無糖でも酸にご注意!!

関連記事

  1. ホワイトニングしても効果が出ないときがある!?
  2. よく噛む事と子どもの成長の関係③
  3. ステイン(茶渋)や着色しやすい人にオススメのブラッシング方法
  4. 牛乳も虫歯になるの?
  5. 土台の歯が虫歯になってしまうのはどうしてでしょうか?
  6. 夜間の歯痛の原因と対処法について
  7. 歯周病と生活習慣のお話
  8. 子供の仕上げ磨きはいつまですればいいの?
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP