慢性上咽頭炎のお話 ①

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます。
今回は慢性上咽頭炎(まんせいじょういんとうえん)についてお話させて頂きます。
そもそも慢性上咽頭炎とは何か?ですが、簡単に言うと喉の奥の炎症です。
最近この部分の炎症が様々な病気の引き金になっている可能性が高いことがわかってきました。
関連がある可能性のある症状は頭痛、起立性調節障害、肩こり、首こり、倦怠感、疲労感、後鼻漏、声かれ、咳喘息、顎関節障害、めまい、不眠、光が眩しい、鼻づまり、花粉症、慢性痰、咽頭痛、全身痛、多歯痛、舌痛、過敏性腸症候群、うつ、月経異常、IgA腎症、関節炎、湿疹、胃もたれ、しびれ、不安障害、むずむず脚症候群、微熱、ネフローゼ症候群、掌蹠膿疱症などです。
たくさんありますね。
なぜ一つの場所の炎症がこれほど多くの病気と関与するのかというと、上咽頭という場所は免疫器官の役割を担っているからです。
また上咽頭は神経線維が豊富で迷走神経という神経が投射しており、自律神経とも密接に関連しているため首や肩の凝りや、頭痛が生じます。
そのため慢性上咽頭炎の調子を整えれば他の症状も一緒に消える可能性があります。

重度の症状がある場合は当然耳鼻咽喉科を受診する必要がありますが、今回は慢性上咽頭炎を疑う方のお家でできる対処法をご説明します
①上咽頭洗浄
名前の通り洗浄します。
座った状態で頭を後ろに倒します。60度くらいです。その状態で鼻の穴にスポイドなどの容器を用いて生理食塩水を流し込みます。
少量で結構です。
洗浄に使う水は水道水ではなく蒸留水や精製水、ミネラルウォーターがいいです。
水500ccに小さじ3分の2くらいの食塩を入れたものであれば鼻にツンときません。本当にツンときません。

②鼻うがい
こちらも基本的には上と一緒です。
生理食塩水を鼻に流し込みます。流し込む液体は市販でも販売されていますが、ご自宅で簡単に作ることができます。
上咽頭洗浄より広範囲を洗うことが可能です。すごくスッキリします。

おすすめ記事

  1. 歯科衛生士のお話
  2. 岡本歯科ロコクリニック推奨の『入れ歯の手入れ』
  3. 自分の虫歯菌ってどんなもんでしょう?
  4. 電動歯ブラシのおすすめ♪
  5. 甘い飲み物に気をつけて!
  6. コロナウィルスを予防する口腔ケア①
  7. エナメル質形成不全って知っていますか? ①
  8. 歯が抜けたら放置しないで!②

関連記事

  1. 透明の飲み物って、どうなの??
  2. 歯並びって、矯正でしか治せないんじゃないの?
  3. 「ミキサー食」「ソフト食」とは?②
  4. 摂津本山駅の歯医者さんが話す『歯周病』のこと
  5. ほうれい線が目立ちはじめたのは、食いしばりが原因?②
  6. 正しい歯磨きテクニック
  7. セラミックインレーのお話
  8. 神戸の皆様、『歯科衛生士』というお仕事ご存知ですか?
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP