「ミキサー食」「ソフト食」とは?

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。
みなさん、介護における「ミキサー食」「ソフト食」ってご存知でしょうか?今回はどんなものか、その特徴などをお話していきたいと思います。
歳を重ねるごとに、食べる力は衰えていきます。そのため、段階に合わせて適切な介護食に変えていくことが大切です。とくに「ミキサー食」「ソフト食」に注目してみましょう。どのような方に向いているか、メリット・デメリット、詳しくご紹介します。食べる力にあわせた栄養の整った食事で、ご両親の健康的な生活を支えましょう。
まず、ミキサー食とはなんでしょうか。
ミキサー食とは、かまなくてもいいようにミキサーにかけて、ペースト状にした食事のことです。やわらかな食事や普通食を、ミキサーにかけてドロドロの状態にし、だし汁などで味を整えます。ミキサー食の粘度、どろどろ加減は、ポタージュスープのとろみを、基準として覚えておくと便利です。水分が多くサラサラしすぎると、むせたり誤嚥につながる危険もあり、注意が必要です。
逆に、粘りが強いと飲み込みにくく、ミキサー食の良さが無くなってしまいます。さらに、のどに詰まらせてしまう事故につながりかねません。片栗粉や増粘剤も上手に取り入れ、適度な粘度に調整するのがポイントとなります。
このミキサー食は、どのような方に向いているのでしょうか?ミキサー食のようにポタージュ状であれば、かむ必要がないため、かむ力が弱い方でも食事をすることができます。
栄養分の吸収も早いため、胃腸などの消化器官が弱った方に向いています。
ミキサー食のメリットはどんなものでしょう。
・かむ力がなくても食事ができる。
・飲み込む力が弱っていても、飲み込みやすい。
・胃腸に負担が少なく、栄養の吸収も早い。
逆にデメリットもあります。
・食材をすりつぶしたり、ミキサーにかけてドロドロの状態にするので、見た目が悪い。
・すべて同じような食事に見えるので、食欲がわかなくなってしまう。
・水分を加えて調理するので、普通食に比べて栄養価が低くなりやすい。
しそて次に、ソフト食についてもご説明しますね。
ソフト食とは、歯ぐきや舌でつぶれるくらいに、やわらかくした介護食のことです。
豆腐ほどのやわらかさにした食事のことをいいます。
ソフト食と一口にいっても、やわらかくする程度は様々です。食べる力とやわらかさの目安として、以下の3つの違いを参考にしてください。
1. 容易にかめる:焼き豆腐くらい
2. 歯ぐきでつぶせる:木綿豆腐くらい
3. 舌でつぶせる:絹ごし豆腐くらい
かむ力や飲み込む力の程度に合わせて、食べやすいかたさの目安として知っておくと役立ちます。

おすすめ記事

  1. 嚥下障害で子供が物を飲み込めないことがある!?
  2. 30代から特に受けてほしい歯科検診! ①
  3. 噛み合わせについて考えてみましょう!
  4. 歯磨きをしているのにむし歯になるのはなぜだろう?
  5. 歯に神経があるって知っていますか?
  6. 意外と知らない歯の構造
  7. 歯石ってどういうもの?
  8. 虫歯を治療した後の食事において注意すべきことは?

関連記事

  1. その熱中症対策は歯に危ないかも!
  2. 歯も進化している!?
  3. 阪急岡本駅で日曜診療してる歯医者さん
  4. 訪問歯科って?
  5. 抜歯後の痛みが取れないのはドライソケットが原因!?①
  6. チョコレートってむし歯になりやすいの??
  7. 知ってそうで知らない死因の話
  8. えんとつ町のプペル
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP