ロコクリでは日曜日も診療しています!! ①

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます。
みなさん、休日にかぎって歯が痛くなり、かかりつけの歯医者さんがやっていなくて困った経験をされる方、多いのではないでしょうか。
そんなときには安心してください!ロコクリは日曜日も変わらず診療させていただいています!!
進行した虫歯は風邪のように自然に治ることはなく、治すためには歯科医院での治療が必要です。
休みの日に病院に行くと救急扱いになり高くつくのでは。。。と心配になられる方も多いかもしれません。ですが安心してください。ロコクリでは通常の診療費で日曜日も診療させていただいております。
また、虫歯の進行度は治療内容にも影響し、進行した虫歯ほど大きな治療を行うことになり、症状・治療内容を考えると虫歯は少しでも早く治療した方が良いのです。なので、日曜日でも痛い、と思ったらすぐにロコクリにご連絡ください。
では、歯が痛くなった時にすぐ歯科医院に行けば、虫歯を進行前に治すことは可能なのでしょうか。
そもそも、虫歯を進行前に治すことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
そこでお答えすると、虫歯を進行前に治す最大のメリットは再石灰化による自然治癒が見込めることです。
「虫歯は治療しないと治らない」というのは、一度でも虫歯が進行した場合に言えることです。
進行前の虫歯はいわば「虫歯になりかけ」の状態であり、歯を自動修復させる再石灰化での回復が見込めます。
多くの人は虫歯の治療を嫌い、歯を削るのが嫌という理由だけで治療を受けようとしない人もいるほどです。
しかし、進行前の段階なら歯を削らずに虫歯を治せる可能性があります。
虫歯で歯が痛む理由は2つあります。1つ目に知覚過敏による痛み、2つ目に神経の炎症による痛みです。
もっとも、後者は進行して痛みを感じる虫歯をさらに放置した場合に起こる症状ですから、最初に起こるのは前者の知覚過敏による痛みであり、これは虫歯が象牙質まで進行することで起こります。
ここで重要なのは、虫歯で最初に感じる痛みは知覚過敏によるもので、知覚過敏は虫歯が進行することで起こる痛みだということです。
つまり、歯に痛みを感じた時点で虫歯は既に進行しているということになります。
虫歯に気づいたら少しでも早く治療を受けるべきですから、「痛みを感じたからすぐ歯科医院に行った」というのは正しい判断です。
しかし、それで虫歯を進行前に治せるかと言えば、答えはノーになります。
なぜなら、歯に痛みを感じた時点で虫歯は進行しているからであり、進行前に虫歯を治したいのであれば、痛みを感じる前の時点で治さなければなりません。
つまり、進行前に虫歯を治すことを考えた場合、痛みを感じてから歯科医院に行っても遅いのです。

おすすめ記事

  1. 歯を抜く原因??
  2. 乳歯の虫歯、体への4つの影響
  3. 歯石(プラーク)の縁上と縁下の違いについて
  4. 口呼吸と低位舌について
  5. ロコクリでは日曜日も診療しています!! ①
  6. 歯石のお話
  7. なぜむし歯になるの?
  8. 子供の仕上げ磨きはいつまですればいいの?

関連記事

  1. 口内炎の予防や治療法
  2. 入れ歯のお話
  3. あなたのお口はあなただけのもの!!
  4. スイカの種って栄養豊富
  5. 口内炎についての再確認!(神戸市東灘区岡本の皆さんへ)
  6. 寝られないぐらい痛いときは、岡本歯科ロコクリニックへ
  7. お子さんの歯ブラシ選びってどうしていますか?
  8. 歯ブラシの持ち方!
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP