乳歯の抜ける時期っていつがいい?

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます。
「ちっちゃなかわいい歯が生えてきて喜んでいたけど、しばらくたって気が付くともうぐらぐらしている」とか「抜けるのには早すぎたりしないのかな・・・?」と不安になるお母さんたちも多いのではないでしょうか?
子供の成長はうれしい一方、不安なこともいっぱいですよね。
今回は、乳歯に関する不安についてお話します。
■乳歯の抜ける時期は?
乳歯は生後6か月を過ぎたころから生え始め、2歳半から三歳半ごろに20本が生えそろいます。
乳歯は生えてから大きさが変わることがないため、成長していくにつれて顎の大きさに対してバランスが悪くなってしまいます。
そのため、乳歯は抜け落ち、永久歯に生え変わっていくのです。
最初の歯がぐらぐらし始める年齢は、6歳が平均的です。
そこから7年ほどかけて、28本の永久歯に生え変わっていきます。
もちろんですがこの年齢には個人差があります。
乳歯の生えた時期によって、生え変わりの時期も違ってくるため、お子さんの乳歯の生え変わりの時期が、早すぎたり、遅すぎたりするのではないかと心配に思ったとき、まずはお子さんの乳歯の生え始めた時期は、平均より早かったのか、遅かったのか思い出してみてください。
一般的に、平均の年齢である6歳の、前後2年ほどであれば、早すぎや遅すぎと不安になる必要はありません。
■乳歯が抜けた後、永久歯が生えてこない!
乳歯が抜けたのに、次の歯がなかなか生えてこないとき、「なにか問題があるのではないか」と不安になることもあるでしょう。
しかし、乳歯が抜けてから3か月ほどでしたら特別心配することはありません。
特に前歯は乳歯が抜けてから、永久歯が生えてくるまで時間がかかることがあります。
半年たっても永久歯が生えてくる気配がないときは、そもそも永久歯がない可能性があるため、定期検診などの際に歯医者にご相談ください。
■乳歯が抜ける時期が早すぎても歯並びは大丈夫?
乳歯が早く抜けると、顎の成長のタイミングと会わず、歯並びが悪くなるといわれることがあります。
しかし、ただ乳歯が早い時期に抜けたからと言って、歯並びが悪くなるわけではありません。
顎の大きさがまだ明らかに小さく、永久歯が斜めに生えてきている場合は成長を注意してみてあげましょう。
ただし、子どもの成長は早いため、成長に伴い自然に歯並びが揃うこともあります。
少し様子を見ていてもよくならない場合や、気になる場合には、一度歯医者の方にご相談ください。
歯の健康は大人になってからも非常に大切なものですよね。
生え変わりの時期は個人の成長に任せ、自然に行うことが一番ですが、今後一生付き合っていく永久歯の手入れのスタートの時期でもあるため、歯並びや虫歯など十分に気を付けて見守ってあげてくださいね。

おすすめ記事

  1. 岡本歯科ロコクリニックのヒアルロン酸の考え方
  2. 「ミキサー食」「ソフト食」とは?②
  3. 神戸市東灘区の方必見『訪問歯科の無料検診について』
  4. 岡本歯科ロコクリニックの器具などの『滅菌』について
  5. お子さんの歯磨き
  6. 口腔癌の原因とはなんでしょう?①
  7. その歯に関する知識、誤解かもしれません!!
  8. JR摂津本山駅の皆さん、歯間ブラシやフロス使ってますか?

関連記事

  1. 立ち止まって考えてみよう
  2. 支台歯ってなんでしょうか?
  3. 電話恐怖症の方は、岡本歯科ロコクリニックのLINEを活用ください…
  4. 口腔習癖が及ぼす歯列不正のお話②
  5. おすすめのMIペースト!
  6. 歯の異常はストレスのせい?
  7. 口のガン(口腔ガン)って、知ってますか?
  8. 舌がピリピリしたらどうする!?
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP