定期健診の大切さ②

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます。
今回も引き続き『定期検診の大切さ』についてお話しようと思います。
クリーニング後、菌数は以前の状態より少なくなっていますがゼロにはできない為、歯周病菌は生き残っています。
歯周ポケット内で歯周病菌は再び増えていきます。
日々の歯磨きが綺麗にできている方でも、3ヶ月経つと細菌量がリバウンドすると言われています。
歯周病が発症・進行するか、しないかは、菌とご自身の体のバランスにかかっています。
体の免疫力が菌に勝っている状態では発症せず、体が弱り免疫力が低下している時に細菌が強くなると負けてしまうため、歯周病が発症してしまいます。
その為、定期検診で歯ぐきの中をお掃除して少しでも細菌量を減らし、細菌に負けないように細菌量を抑えていくことが大切なのです
これらのことから、歯周病を再発させず口腔内の健康な状態を維持するために、生涯を通した3ヶ月ごとの定期検診と歯のクリーニングにより、細菌量をコントロールし続けていくことが必要不可欠なのです。
定期検診に通っている方は症状が出てから来院する方や治療のみを受けていく方と比べて10年間で失う歯の本数は3分の1以下であると言われています。(定期検診に通っている方で1.3本、通ってない方で3.6本失うそうです。なんと3倍も違います…!)
歯を失うと歯の無い箇所を補う治療を行います。歯を失っても入れ歯で簡単に元通りだから問題ないよ!とお考えの方のいらっしゃるかもわかりません。しかし、入れ歯は付け外しの手間もありますし、ご自身の歯と比べて噛む力を30〜40%程しか発揮できません。入れ歯の他にブリッジ、インプラントなど、治療の方法はありますが、どんな補綴物も天然の歯にはかないません。なんでも気にせずしっかりと食事をするためには、ご自身の歯が必要なのです!
食べることは生きることです。
歯科医院での定期検診やクリーニングに通うことで健康寿命が延び、要介護にもなりにくいと言われています。
また、歯周病はお口だけの話ではなく、全身疾患とも関係が深いことがわかっています。
人間の体の中で最も細菌が多いのが腸で、その次が口腔内です。(皮膚1cm2に細菌が1000個がいるのに対して、プラーク1mm3に1億個います!)
そのため、口腔内を清潔にすることで体内に入る細菌を減らすことができます。
歯周病と因果関係がある疾患が、糖尿病・心疾患(狭心症・心筋梗塞)・脳梗塞です。
歯周病は、糖尿病の合併症です。
歯周病になると糖尿病が悪化して、歯周病治療をすると糖尿病が改善することもわかっています。
心疾患(狭心症・心筋梗塞)・脳梗塞は、歯周病菌が体内に入り血管をまわって心臓や脳に血栓ができて血管が詰まることが原因です。
歯周病の人はそうでない人の2.8倍脳梗塞になりやすいと言われています。
他にも、歯周病リスクになるとこれまでに報告されている疾患がいくつかあります。
アルツハイマー・バージャー病・掌蹠膿疱症・慢性腎疾患・慢性関節リウマチ・癌(肺癌を除く)・骨粗鬆症・低体重児出産・誤嚥性肺炎です。
定期検診を受けて、お口の中を清潔に保つことで全身疾患の予防が期待できます。
虫歯や歯周病は気づいた時には、かなり進行している場合が多いです。
歯を失わない為に、健康寿命を延ばす為に、全身疾患予防の為にも、今のうちからできることは定期検診を受けることです。
是非、定期検診を受診されてみてはいかがでしょうか?

おすすめ記事

  1. 5/1のだんじりで、岡本歯科ロコクリニックはトイレを貸しています…
  2. 歯がなくなったらどうなる?②
  3. 妊婦さんと赤ちゃんの口腔ケアのお話
  4. 透明の飲み物って、どうなの??
  5. 過剰歯ってご存じですか?②
  6. 虫歯になりやすい、なりにくいって違いがある?
  7. ファーストフードを食べた後はしっかりとお口のケアを!②
  8. 歯ごたえや歯ざわりってどうやって感じるの?

関連記事

  1. 歯の詰め物が取れてもしばらくは歯医者にいかなくても大丈夫?②
  2. 虫歯を放置するとどうなるの? ①
  3. 岡本歯科ロコクリニックの『インプラント』の考え方
  4. キシリトールガムでむし歯を予防しよう!
  5. お口の健康と女性ホルモンのお話
  6. 意外と知らない歯のエナメル質とは??②
  7. 過剰歯ってご存じですか?②
  8. 後悔する前に若いうちに歯のケアをしっかりと♪
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP