鼻呼吸がマスクの代わりに!?免疫力アップのコツとは!

タイトル: 鼻呼吸は天然のマスクです!

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。

少し落ちつきをみせていたコロナウイルスがまたジワジワと増えてきましたね。マスクやトイレットペーパーはどこでも手に入るようになりましたが、まだまだ緊張感を持って、消毒・予防が必要な生活が続きます。

さて、お口の中というのは起きてすぐが最も細菌だらけなんです。ですので感染リスクを下げる対策として、朝起きてすぐ、朝食前の歯磨きが有効です。口の中の細菌をできるだけ朝起きてすぐに取り除いておくのが大切なことです。

朝一番に歯磨きをすれば、細菌数が減少し、舌や口への刺激で唾液も出て感染リスクを下げることができると考えられています。

そして、鼻呼吸も有効な対策です。
人は1日に約1万㍑分の空気を吸い、同じ量を吐き出します。
この量を鼻でするか、口でするか。同じようですが、その意味は全く違うんです。
鼻呼吸にはウイルスを防ぐ様々な関門が伴います。

第一の関門は鼻毛。まずここで、ウイルスを含むやや大きめのほこりなどがブロックされます。

第二は、鼻の中の粘膜から出る粘膜です。ウイルスがこのネバネバにからめ捕られると、鼻から喉の奥にかけて生えた無数の線毛がベルトコンベアーのように動き、痰などで体外に排出されたり、胃に運ばれて胃酸で無害化されたりするんです。

第三はどんな乾いた冷たい空を吸い込んでも、鼻の中には縦横無尽に張り巡らされた毛細血管によって、喉の奥では体温近くまで温度が上昇し、湿度も80~85%になります。このため、乾燥に強く湿度に弱いウイルスの生存率が
低下するのです。副鼻腔で作り出され、殺菌作用などがある一酸化炭素(NO)の働きも、鼻呼吸すればこその効果です。

口呼吸はそうした鼻が持つ防御機能は発揮されません。ウイルスの数も減らず、乾燥した冷たい空気が直接喉の奥へ取り込まれると線毛の動きも弱まって排出機能は下がり、ウイルスの侵入は容易になってしまいます。免疫力アップをうたう食べ物を探して求めるより、まず空気や食の
取入れ口を良好な状態に保つことが、健康つくりの大前提でしょう。

鼻呼吸こそ天然のマスクなんです。口を病の入り口にしないよう、誰でもいつでもできる予防法で免疫力を保っていきましょう!
花粉症やアレルギーで鼻呼吸できない方は難しいでしょうが、そうでない方は日ごろから鼻呼吸をおこなうことが大事なようです。
コロナに負けずに、健康で過ごせるように意識して頑張りましょう!

おすすめ記事

  1. 新型コロナで味覚障害になるわけって?
  2. サンスターの歯ブラシの特徴知ってますか?
  3. 麻酔で気分が悪くなる??
  4. 子どもにフロスは必要か?
  5. ホワイトニングって、どうなの?!
  6. 阪急岡本駅近くの皆さん、子供さんの歯肉炎に注意しましょう!
  7. いびき治療ってできるの!?②
  8. 歯垢と歯石の違いのお話

関連記事

  1. うつぶせ寝に注意!
  2. 口内炎って?
  3. クリーンミートってなぁに?
  4. 岡本歯科ロコクリニックの考える悪い歯医者とは?(中編)
  5. 岡本、摂津本山で入れ歯のお悩み解決しましょう!
  6. 岡本歯科ロコクリニックの『実はすごい唾液の力』
  7. お子さんの仕上げ磨きについて
  8. 神戸市東灘区岡本の皆さん、訪問歯科で何ができるかご存知ですか?
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP