歯も進化している!?

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます。
みなさん、日頃から歯磨きを頑張っていらっしゃることと思いますが、どんな方でも磨きにくい場所があるのではないでしょうか?それは、歯並びが難しい場所だったり、奥歯だったり人それぞれですね。
ちなみに私の場合、上の前歯の裏側が苦手です。
少しへこんでいるというか、えぐれているというか・・変な形な気がしませんか?この前歯の形がどうも磨きにくさを感じるのです。実はこの形の前歯は「シャベル型切歯」といってアジア圏特有のものらしいです。
歯の形は個人差だけでなく、お国の差やご先祖様の差があるってご存知でしたか?
むかしむかし、縄文人の歯は小さくて単純な形をしていたそうで、弥生人の歯は大きくて複雑な形をしていたそうです。
弥生人は北方から渡来してきたので、ご先祖様は厳しい氷河期を生き抜くために歯を大きく進化させたと考えられているようですね。凍った肉や、硬い木の実を食べるしかなかったのかもしれませんね。
動物の皮を口の中で噛んでなめしていたと聞いたこともあります。人類ってすごいですね、、、。
日本人は縄文人と弥生人が混血を繰り返して出来た民族なので、小さい歯の人も普通にいらっしゃいます。
自分の歯が大きくてごつごつしていると思われた方は、ご先祖のルーツが弥生人なのでしょう。自分のルーツが進化した人類だなんて、ちょっと嬉しくなりませんか?でも、弥生人の容姿の特徴は「一重」「鼻ぺちゃ」「胴長短足」なんです。これも厳しい氷河期を生き抜くための進化らしいのですが・・。嬉しくない部分もありますね。
ところで、この進化し発達した大きな歯、昔の人は顎も大きかったので問題は起きなかったのでしょうが、
現代の私たち日本人はどんどん顎が小さくなっています。
結果、「ガタガタの歯並び」「出っ歯」「親知らずが真っすぐ生えない」など若い世代ほど様々な問題が起きています。
「一重」で「鼻ぺちゃ」で「出っ歯」で「短足」。(最近の若者たちは手足が長い子が多いと感じますが・・)
人は外見で判断するものではないなどと言っていられません!
目や鼻は難しいでしょうが、歯の事でしたら歯科医院でアドバイスを受けてみてはいかがでしょう?
私たち現代人が厳しい社会を生き抜くためには外見、第一印象は重要ですものね!
ぜひロコクリにお気軽にご相談くださいね!

おすすめ記事

  1. 歯を抜いた後のドライソケットとは?
  2. 岡本歯科ロコクリニックの野菜を食べる話③
  3. 歯を壊す癖がついていませんか?②
  4. ドライマウスって何?
  5. 虫歯予防になる食べ物や飲み物①
  6. 生まれてくる赤ちゃんのために出来る虫歯予防法
  7. 良い歯医者ってどんなところ?
  8. 口臭が気になりますか?

関連記事

  1. 子供に硬いものを食べさせる??
  2. 電動歯ブラシのおすすめ♪
  3. フッ素のお話①
  4. 次世代のリップ、ラシャスリップ!
  5. 詰め物をしていても、MRIの撮影って大丈夫?
  6. ドライマウスと対処法
  7. 歯ブラシの保管方法って??
  8. 口腔癌の原因とはなんでしょう?②
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP