子供をむし歯から守ろう!!

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます。
お子さんの歯のことが気になりつつも、歯医者に連れて行くのを嫌がるから、歯磨きを嫌がるから、、、とついつい放置してしまっている方も多いではのはないでしょうか。
甘やかすのと優しくするのは違います。お子さんの教育のためにも、そこはしっかりと分けて考えて接しましょう。
「子供のために何もできていない…」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、注目すべきは、これから何をしてあげられるかです。
過ぎたことを悔やんでも、未来は変わりません。お子さんを虫歯から守るためにも、これからできることを考えて接していきましょう。
きっとそうすることでお子さんの身体面だけでなく、精神面にも大きな影響を与えます。
過去の事ばかりを見つめている暗い両親より、過去を反省し未来を見て行動する親をお子さんは見本にされるはずです。
今回は、お子さんを虫歯から守る方法についてお話していと思います。
もし、お子さんが虫歯菌に感染してしまっても、すぐに悪化することはまずありません。
親御さんがしっかりとお子さんの歯を見ることで、虫歯が悪化してしまうリスクを低減させられるのです。
お子さんを虫歯にさせない、虫歯を悪化させないためにも、次の2つの行動をご紹介します。
●仕上げ磨き
お子さんが成長されて、一人でも歯を磨くことができる年齢になったときに注意をしましょう。
「一人で大丈夫」このように思ってしまっていると、虫歯を進行させてしまうかもしれません。お子さんはご両親のマネをして、大人に成りたい思いを抱いています。自分の体を管理できない状態で歯磨きを任すのは危険ですよね。
どんなに「大丈夫!!」と言われても、最後まで仕上げ磨きをしてあげるように
しましょう。
●間食の工夫
最近では、乳幼児には欠かせないものとされるようになりました。
乳幼児の間食に用いられる食品には、砂糖が用いられていることが多いです。
間食の回数が多ければ多いほど、虫歯に成る可能性を高めてしまいます。
今回は、お子さんを虫歯から守る方法についてご説明しました。
お子さんは一定の年齢に達するまで、虫歯菌の脅威から自分の身を守ることはできません。
それまでは親の手が必要となります。お子さんが虫歯で苦しまないように、親が責任をもって守ってあげましょう。

おすすめ記事

  1. 歯も進化している!?
  2. それぞれの歯が持つ大事な役割
  3. 正しい食べ方や飲み方をしよう!!
  4. 口腔ケアの大切さ!
  5. メタボってこわい!!
  6. 赤ちゃんの歯のメンテナンス
  7. お口の名脇役、唾液の働きで虫歯予防!
  8. 歯医者さんでもセカンドオピニオン?

関連記事

  1. 知らぬ間にできている口内炎について!②
  2. 歯科助手と歯科衛生士の違いって知ってる??
  3. マスクの下の「口の中」ちゃんとしてますか?
  4. 舌のお話
  5. 麻酔の効きやすさって人によって違う?!
  6. 海外へ行く前に歯科検診を受けるべき理由とは!?②
  7. 美を求める岡本の方向けのホームホワイトニング
  8. 歯医者さんでもセカンドオピニオン?
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP