仕事中に歯が痛くなったらどうする!?

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます。
「急に虫歯が痛くなった」
「でも、仕事中だから病院にいけない」
仕事中、急に虫歯が痛むと、病院に行くこともできないため、仕事が手につかなくなりますよね!
そんな時に、「せめて退社するまで、歯痛を止めることができれば」と考える方もいらっしゃるかと思います!
そこで今回は、一時的に歯痛を抑えるための応急処置を紹介します!
■口内の汚れをとる
歯痛の原因として、口内に残った食べ物カスなどの汚れが考えられます。
歯と歯の間に残った食べ物カスが、歯の神経を圧迫していると、痛みが生じます。
その場合は、つまようじ等で食べ物カスを取り除いてみてください!
また、つまようじが会社に無い場合は、水で口をゆすぐだけでも効果があります。
急激に歯が痛くなった時には、まず口内の汚れを取ることを試してみましょう!
■氷で冷やす
口内の汚れを取っても、痛みが引かない場合は、氷で冷やす方法を試してみてください!
歯痛等の炎症は、一般的に患部の血液の流れが良いほど、痛みを感じやすくなります。
そのため、患部を冷やして、血液の流れを抑えるという方法が効果的です。
このとき、患部を直接氷で冷やすと、刺激が強すぎるため、頬の上から冷やすようにしてください。
また、会社で氷が用意できない場合は、冷えたペットボトル飲料や、濡れタオルで代用していただくことも可能です。
■飲み薬を使用する
昼休み等に、一時的に会社外に出るタイミングがある方は、ドラッグストアで市販の飲み薬を購入することをおすすめします。
痛み止めを服用することで、退社までの間、歯痛を抑えることができます。
ロキソニンSやバファリン等の痛み止めが有名です。
■塗り薬を使用する
飲み薬と同様に、塗り薬を使用することも、方法の1つです。
飲み薬との違いは、患部に直接塗布するため、塗り薬の方がより即効性が高いということがあります。
痛みを止める成分が、血液を通して全身を巡ってしまう飲み薬と比べて、塗り薬は患部に直接作用するため、安全性も比較的高いという特徴もあります。
市販薬としては、「今治水」という商品が、「有効率90%、2分以内に効果が出る」ということで有名です。
今回は、仕事中に、どうしても我慢できない歯痛を抑えるための応急処置を、4つご紹介しました。
注意しなければならないのは、これらはあくまで応急処置であり、きちんとした病院で治療する必要があるということです。
それを踏まえた上で、今回ご紹介した応急処置を試してみてください!

おすすめ記事

  1. 白い詰め物のまわりの着色について
  2. お年寄りのお口を守る新常識! ②
  3. 原因が分からない歯の痛みは歯科心身症かも!?②
  4. 歯を抜かないのはいい歯医者??
  5. 歯周病の1番の予防ってなに?①
  6. 虫歯を治療した後の食事において注意すべきことは?
  7. お子さんのお口の発育は大丈夫??2
  8. 昼間は大丈夫なのに歯の痛みで夜眠れない!どうして!? ①

関連記事

  1. 甘い飲み物に気をつけて!
  2. 犬歯の役割とかみ合わせについてのお話①
  3. エナメル質形成不全って知っていますか? ①
  4. 必要な歯ぎしりもある!?②
  5. 妊娠中と授乳中の歯の治療
  6. 岡本歯科ロコクリニックの無料セミナー(マジックショーあり)
  7. オーバーブラッシングってなに?
  8. ロコクリでは日曜日も診療しています!! ③
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP