被せ物は元の歯より強いの??

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます。
歯の治療をして、被せ物は人工の歯だから虫歯にもならないし、元の歯よりも強いと思われている方はいらっしゃいませんか?
これは大きな間違いです!!被せ物の耐久性を決めるのは患者さん自身の残った歯の根っこです。大きな治療をした歯は元の歯よりもだいぶ弱くなっています。
虫歯の治療が終わった後、「被せ物は人工の歯だから虫歯にもならないしこれで安心」と油断していませんか?硬い金属やセラミックだから「歯が強くなった」と思われがちです。しかしこれは実は大間違いなのです。その理由は被せ物の構造にあります。
被せ物の治療は虫歯ができたり歯が欠けてしまった時に、食事や会話、見た目に差支えるため、元の歯の機能と形を人工的に復元しようという治療です。被せ物の治療というと、被せに目が行きがちですが、耐久性を決めるのは歯を支えている患者さん自身の歯根です。
被せ物の治療とは虫歯になった部分を除去し、残った歯を土台にしてはじめて可能になる治療法です。大工事で残すことのできた歯は、元の歯に比べると虫歯に対しても、噛む力に対しても弱くなっています。もちろん被せ物自体は一定の耐久性を備えていますが、それを支える土台の歯はケアを怠ると虫歯や歯周病になってしまいます。被せ物と歯の継ぎ目は、ちょうど歯ぐきの溝の中に隠れる位置にあります。歯ぐきの溝といえば、プラークが最も溜まりやすい場所です。油断をして、歯ぐきと被せ物の境目の辺りを丁寧に歯みがきしていないと、プラークが溜まり虫歯の温床となってしまいます。さらに困るのは、虫歯が被せ物に隠れて広がるので外からは見えにくい点です。そのうえ神経を取ってある歯の場合、内側で虫歯ができても痛みを感じません。ですから患者さんご自身が気付くことは非常に難しく、発見が遅れてしまうケースもしばしばです。たまたま他の歯の治療で歯科医院に受診した際、レントゲンで偶然見つかるケースが多く、普段から歯科医院に通ってメンテナンスを受けていないと、早期発見は非常に難しいのが現状です。また虫歯が深く入り込んでしまい、噛む力に耐えられずに歯根が割れてしまうこともしばしばです。割れてしまった歯は、ほとんどの場合抜かざるを得ません。歯ぎしりがある場合は特に注意が必要です。
ところでしっかり付けてもらったはずなのに、また虫歯ができるのはなぜでしょうか。被せ物と歯はセメントで付けますが、セメントは極わずかではありますが徐々に崩壊していきます。そして、そこから虫歯菌が入り込み、虫歯になるのです。極論すると自然の歯が一番強いと言えます。
お口の中に被せ物がある方は、痛みがなくても定期的なメンテナンス受診を始めましょう。歯科のプロと一緒に土台の歯を守り、被せ物の寿命を延ばしてきましょう。

おすすめ記事

  1. 麻酔の効きやすさって人によって違う?!
  2. 歯が浮いたり、腫れたり、痛んだときの対処法
  3. 電動歯ブラシのおすすめ♪
  4. 子どもにフロスは必要か?
  5. 歯に食べ物が詰まりやすくなった??①
  6. 摂津本山駅の歯医者が勧めるリハビリグッズ
  7. 口の中にニキビ!?
  8. コロナウィルスを予防する口腔ケア②

関連記事

  1. 歯が浮いたり、腫れたり、痛んだときの対処法
  2. 誤嚥性肺炎を予防しよう(実践編)
  3. 免疫をあげる食事 ②
  4. すきっ歯って治療が必要なの?
  5. 歯を守りたい!!
  6. ロコクリでは日曜日も診療しています!! ③
  7. 保険診療と自費診療の境目
  8. 変わってきている日本人の意識!!
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP