口腔ケアの大切さ!

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます!
今日は、こんな時こそ!の口腔ケアの大切さを、お伝えしたいと思います。
歯周病とは、歯肉が腫れたり出血したり、歯周ポケットが深くなり、歯を支えている骨が吸収し、最後には歯がぐらぐらになって抜けてしまうという病気です。
上皮は私達の身体の最も外側にあり、細菌やウィルスなどの感染に対する防御の働きがあります。
しかし、歯磨きができてなかったり歯石が付着などして、歯肉が腫れたり、出血するときがあります。
出血するということは、歯肉の上皮が壊れているということです。
そして、歯周病細菌の毒素や他の細菌やウィルス、炎症性サイトカインなどは、毛細血管の中へ侵入します。
歯肉は豊富な毛細血管に裏打ちされているので、血流に乗って身体の中へ入って行ってしまいます。
お口の中が、そういった状態になっている方は、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすい、と言われています。ですので、歯周病治療をご相談下さい。
・免疫力の低下
お口の中が不潔だと、お口の細菌が食道、胃を通って腸内のバランスを乱して免疫力を低下させ、全身疾患の原因になることが分かってきました。
・歯周病細菌が出す蛋白分解酵素は、ウィルスが粘膜細胞の中に感染させやすくします。

ACE2受容体というレセプターにくっついて細胞内に侵入します。ACE2受容体は、体内のあらゆる箇所に存在しますが、口腔粘膜にも多く存在します。舌の表面上に多く存在する味蕾細胞(みらいさいぼう)(味を感じる細胞)が新型コロナウィルスの感染によって破壊されて、味覚障害がおきたりします。
・誤嚥性肺炎のリスク
誤嚥とは、食べ物を飲み込む時うまく食道の方へ飲み込めず、気管の方へ誤って行ってしまうことです。嚥下機能の低下した方が、口腔ケアをちゃんとしてないと、歯周病細菌が肺へ食べ物と一緒に入ってしまい、肺炎を起こしやすくなります。
このように、皆さん、セルフ口腔ケアはしっかりとして下さいね!
お口の健康から全身も健康へとつながります。
ロコクリでは、自分達で出来る限りの感染予防に努めて、診療しておりますので安心してご来院下さいね。

おすすめ記事

  1. 歯磨きをしているのにむし歯になるのはなぜだろう?
  2. 親知らずっていったいなんなの?!
  3. 白い歯って素敵♪
  4. 子供の歯の怪我の対処法!②
  5. タバコの黄ばみをきれいにするにはPMTCがおすすめです!
  6. 味覚障害ってどんなもの!?
  7. 唾液のお話①
  8. 虫歯予防になる食べ物や飲み物①

関連記事

  1. 白い歯って素敵♪②
  2. 後悔する前に若いうちに歯のケアをしっかりと♪
  3. 子どもの歯磨きについて
  4. 阪急岡本駅の歯医者として、血液検査データやお薬手帳の見方を勉強し…
  5. 意外と怖い歯茎の病気、歯槽膿漏とは?
  6. むし歯になりやすい人となりにくい人がいる!?
  7. どこの歯が痛いか正確にわかりますか?
  8. 歯肉炎のお話
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP