咬合、咀嚼って??

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。
今回は、咬合、咀嚼についてお話したいと思います。
1万5千年程前の縄文時代の人間と現代人の歯並びについての面白い研究があります。
奥歯を前から見ると、縄文人は歯がまっすぐ立っており、しっかり咬める歯並びになっています。
歯の並ぶスペースも十分で、歯並びの悪い縄文人はほぼ見つかっていないということです。
その反面、現代人は歯が内側に倒れている傾向にあります。
内側に倒れているので歯の並ぶスペースが足りなくなり、歯並びに問題を生じ易いのです。
そして注目したいのは、縄文人の子供は現代人の子供と同様に内側に倒れているのです。
ここで考えられるのは、現代人も縄文人も歯はやや内側を向いて生えてきますが、縄文人の子供は、固いものをしっかり咬むことで、顎の骨を成長させているということです。
そして顎が広くなり、内側に倒れた歯が、まっすぐ立ち上がります。結論として現代人は、縄文人と比べて「かむ力」「かむ回数」「奥歯でのすりつぶし」が足りないので、顎が成長しきれないのです。
歯が真っ直ぐにならず顎が狭いままなので、歯並びも悪くなってしまいがちということです。
成長期にかみごたえのある食べ物を、奥歯ですりつぶすように時間をかけてしっかりかむことが、とても大切なのです。
よくかむと顎の骨が成長し、歯の並ぶスペースができます。
するとさらによくかむことができ、筋肉も骨も成長するというプラスのサイクルができるのです。
昔に比べて軟らかい食べ物やファストフードがたくさんありますが、1度の食事でよくかむことを意識して顎の骨の成長を促してくださいね。
これをお読み下さっている、お子さんをお持ちの方々。お子さんにはよくかんで食べるよう
指導してあげて下さいね。
よくかんで食べると、唾液が出て虫歯の予防になったり、顔の筋肉が鍛えられて表情が豊かになったり、脳が活性化されるなど、いいことづくめです!
ただ最近のお子さん方は、とにかく多忙・・・。塾や部活や習い事など、就寝時間が遅くなりがちです。
その結果、食事の時間が十分にとれず、朝食を抜いたり早食いをしたりする傾向にあります。
食事を始めてから満腹感が得られるまでに20分程度のタイムラグがあります。
血糖値が上がり、脳内の満腹中枢を刺激するまでに時間がかかるのです。
早食いは、食欲にストップがかかる前にたくさん食べ、それにより気がついたら食べ過ぎた、という事になりがちです。
これが毎日続くと、正常な空腹感や満腹感が感じられなくなり、空腹でなくとも食べ続けるようになります。
これは肥満の始まりです!肥満は内科的にも何もいいことがありません。
食事はゆっくり30分以上時間をかけてとりましょうね!
また食べるリズムも大切です。空腹感や食欲は、唾液や消化液の分泌を促します。
お子さん方の周囲には、たくさんの飲み物や食べ物が溢れています。いつでも気軽にこれら食べ物を口にできる状況なのです。基本は、朝 昼 晩の食事を規則正しく摂るようにして下さい。とくに一日の始まりの朝ご飯は重要です。体のリズムを整え、体温をあげ、脳にエネルギーを送ります。そしておやつを与える場合は、食事の2時間前にすませましょう。
適度な運動により、空腹感をもって食事を食べさせましょう。もちろんその時、家族そろって皆で食事を摂るのが理想です。
きちんと三食、食事をとり、よくかんで、ゆっくり食べるようにご家族でお子さんを指導してくださいね。

おすすめ記事

  1. 歯磨きのときに注意すべきことについて
  2. 滅菌や殺菌、消毒など、歯科医院としてのコロナ対策はしっかりと!
  3. 抜歯後の痛みが取れないのはドライソケットが原因!?③
  4. 岡本歯科ロコクリニックの2次カリエスの話③
  5. お子さんの仕上げ磨きについて
  6. セラミックインレーのお話
  7. 口腔ケアのお話
  8. 歯周病の治療、SRPとは??

関連記事

  1. 衛生士ってどんなお仕事?
  2. 岡本歯科ロコクリニック、日曜診療始まります!
  3. 老若男女虫歯予定
  4. 岡本歯科ロコクリニックの『子供の歯の磨き方』①
  5. 岡本歯科ロコクリニックの『カウンセリング』について
  6. 虫歯を放置するとどうなるの? ②
  7. ホワイトニングのお話
  8. 岡本歯科ロコクリニックの年末年始のお知らせ
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP