岡本歯科ロコクリニック提唱『ペットボトルに気を付ける?!』

タイトル:ペットボトルに気を付けて!

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。
だんだんと日差しが強くなってきて気温も高くなってきましたね。

暑い日々が続いてきていますが、夏に向けてみなさんは熱中症にならないよう水分補給はきちんとしていらっしゃいますか?

手軽な清涼飲料水やお茶類などをペットボトルで飲んでいる方も多いと思いますが、飲みかけのペットボトルを何日も使い回していると、飲み口には多くの細菌が繁殖していることをご存知でしょうか?
お口の中には歯磨きをした後でも、歯周病菌や虫歯菌など1千億以上もの常在菌が潜伏しています。そのため1度でも口を付けたペットボトルの飲み口には細菌が付着しますが、その細菌が増殖する要因として、湿度・温度・糖分などが挙げられます。

微生物の試験を行う衛生微生物研究センターの実験によると、ペットボトルに入ったミネラルウォーター、緑茶、砂糖入りの甘いコーヒー飲料の3種類それぞれに口を付けて飲んだ直後から、細菌の増殖量を測定した結果、ミネラルウォーターや緑茶では細菌の増殖がそれほどは認められませんでしたが、コーヒー飲料には24時間で食中毒を起こすほどの細菌数の増加が見られたということです。

これは飲み物に含まれる糖分が細菌の豊富な栄養分となり、増殖したということが考えられます。ミネラルウォーターには細菌の増殖する栄養分が無く、緑茶には抗菌作用のあるカテキンが含まれているため増殖しなかったと思われます。

コーヒー飲料だけでなく、スポーツ飲料や炭酸水、ジュース類などのように糖分を多く含む飲み物は、口を付けて飲んだら出来るだけ早く飲みきるようにしましょう。そうでないと飲み口では細菌が繁殖し、それをまた飲むことによって食中毒になることもあるので注意してください。

ペットボトルの飲み口の細菌を増殖させないためには、口を付けて飲まないようにするのも有効です。ペットボトルを開けたら口を付けて飲まず、コップに移してから飲むようにすれば細菌が繁殖することはありません。外出先では難しいかもしれませんが、家にいる時などはなるべくコップを使って飲むようにしましょう。
そして、できれば飲んだらすぐに冷蔵庫で保管すること。もし口を付けて飲んだとしても、最近が繁殖するためにはある程度の温度と湿度が必要なため、冷蔵庫に入れておけば細菌が繁殖しにくい環境になります。
また、外で飲む際には小さいサイズのペットボトルを購入するというのもいいかしれません。ペットボトルを開けてから数時間で飲み切れば細菌は繁殖しないため、500mlの大きいものではなく350mlやそれより容量の小さいものを購入するようにしましょう。

このように、口を付けたペットボトルには非常に多くの細菌が繁殖するため、時間をかけて飲み切る際には注意しましょう。また、飲み切ったペットボトルを水筒代わりに再利用で使用する際には、アルコールやハイターなどで必ず除菌してから使うようにすることをおすすめします。
菌を気を付けながらしっかり水分補給して、暑い中でも楽しんで過ごしましょう!!!

おすすめ記事

  1. 摂食、嚥下機能のアンチエイジング
  2. 虫歯予防になる食べ物や飲み物①
  3. 小中学生の歯磨きのポイント!
  4. 子供の虫歯は白くても進行しているかも!? ①
  5. 子どものおやつ
  6. ドライマウスに注意!
  7. 歯の神経ってめちゃくちゃ大事です!②
  8. お子さんにおすすめの歯の本♪

関連記事

  1. 歯石を取るとお口の中が変化する?!
  2. 原因が分からない歯の痛みは歯科心身症かも!?①
  3. 岡本の石だたみボーイズに歯医者さん?!
  4. 阪急岡本駅、JR摂津本山駅で歯のホワイトニングと言えば、岡本歯科…
  5. 歯磨きしないとどうなるの?
  6. 岡本歯科ロコクリニックのマイナス1歳からの虫歯予防
  7. 歯が浮いたり、腫れたり、痛んだときの対処法
  8. 歯肉炎のお話
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP