歯の神経のお話

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます。
虫歯の治療をしたことのある人なら「大きい虫歯でしたが神経までは進行してませんでしたから、神経は残して治療を進めますね」とか「虫歯が大きくて神経まで進んでしまってます。神経を取る処置をしなければいけませんね」といった会話をしたことがあると思います。
ズキズキ痛んでいた歯でも神経を取れば痛みがなくなるので患者さん的には喜ばれますが、実は「神経を取る」という行為は歯にとっていいものではありません。
患者さん側も神経を取ることを残念に思ってくれればいいんですが、極端な例では、「神経取ってくれたら痛むこともないからもう全部神経取っちゃってよ」と言った方がいましたがそれはむちゃくちゃな話です。
神経はそんなに簡単に取っていいものではありません。
それでは、歯の神経ってどういうものなんでしょう?
歯の神経は「歯髄 しずい」と呼ばれています。
「髄」には 物ごとの中心とか奥深い大事なところという意味があるように、歯の神経はまさに「歯の髄」ですね。
歯髄は神経だけではなく、実は血管も含まれています。多種多様な細胞が歯の中を行き巡って歯の機能を正常に維持しているわけなんです。
歯髄の働きには以下のようなものがあります
1、血管が通うことで歯に栄養を与える
2、歯の感覚をつかさどる
3、細菌感染に対して免疫反応を起こす
4、機械的刺激(歯ブラシの圧や食いしばりの力など)に対して歯を守る
などです。
神経を取る処置を「抜髄 ばつずい」と言います。
当たり前ですが、抜髄すると歯髄の働きが全てなくなります。
まず、歯の血流がなくなり栄養が与えられませんので、いわば枯れ木や材木のような状態になります。
木は水分豊富ですから雨風に吹かれてもしなり、折れにくいことは想像できると思います。
神経がある歯もそれと同様で、強い力が加わってもそうそう割れることはありません。
しかし、神経を取った歯は違います。
適切な処置をしなければヒビが入ったり、割れたりすることも珍しくありません。
そして歯は割れたら抜歯しなければなりません。
次に、神経を取った歯は免疫機構も働きません。ということは細菌に感染するとやられ放題になってしまうということです。感覚もないので感染が深いところまで進んでも何も感じなくなります。痛みもなかったのに突然かぶせが取れたので歯医者に行ったら、中は真っ黒になってたというのは神経のない歯によくあることです。
虫歯がここまで進行してしまうともう保存するための治療は不可能になります。
歯を抜いて入れ歯にするか、隣の歯を削ってブリッジにするか、はたまたインプラントにするかを考えなくてはなりません。
歯の神経って大事なのが伝わったでしょうか?
神経のあるなしが歯の寿命に大きく影響することがお分かりになったと思います。
重要なのは神経をとらなければいけないほどの虫歯を作らないことです。
◆毎日のブラッシング
◆定期的な検診とプロフェッショナルクリーニング
◆虫歯が見つかったら小さいうちに治療
この3つが大事です!
抜髄しなくてもいいように歯をしっかり守っていきましょう!

おすすめ記事

  1. メタルフリーにしませんか?
  2. 疲れたときに歯が浮いたり、痛くなるって、どういうこと?
  3. 歯が抜けたら放置しないで!!
  4. お子さんの歯ブラシ選びってどうしていますか?
  5. 味覚障害ってなに?
  6. 歯医者さんへ行くタイミングって大事です!②
  7. 虫歯治療したばかりの歯が痛む!?原因と対策!①
  8. コロナ禍で気になる歯のお話

関連記事

  1. 黄色い歯は白くできるの!?
  2. 虫歯の治療について考えよう!
  3. 妊娠中に食べたほうがいいものってなに?
  4. 8020(ハチマル・ニイマル)運動って知っていますか?
  5. 赤ちゃんの歯で気をつけてほしいこと
  6. 岡本・摂津本山のスイーツ『ショコラリパブリック』
  7. あなたの歯の色は?
  8. 免疫をあげる食事 ①
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP