口腔機能低下症って知っていますか??①

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます。
みなさんは「口腔機能低下症」という言葉を聞いたことがありますか?まだあまりなじみがないかもしれません。
でも、「この頃ちょっと食べ物が飲み込みにくくなった」「口の中が乾きやすくなった」といったようなことは、思い当たる節はありませんか?
そうした症状が、まさに「口腔機能低下症」に含まれるもの。とっても身近ながら、今一つよくわからない口腔機能低下症について、お話したいと思います。
そもそも口腔機能低下症というのは、いったいどんなものなのでしょうか?どんな症状が出るのでしょうか?
実は、一口に「口腔機能低下症」といっても、さまざまな症状があります。例えば・・・
以前と比べて、「食べ物が噛みづらい」「食べ物が口に残ってしまうようになってきた」「食事の時、むせやすくなった」「薬を飲みにくくなってきた」「口の中が乾く」「滑舌が悪くなってきた」「硬いものが食べにくい」「食事の時間が長くなってきた」といった症状が、口腔機能低下症の代表例です。
案外身近で、よくある症状のようにも感じられることでしょう。
こうした症状からわかるとおり、「口腔機能低下症」とは、口の中のさまざまな機能が低くなってきている症状の病気のことです。そう、口腔機能低下症は私たち誰もがかかりやすく、注意が必要なものなのです。
また、口腔機能低下症は、なにか具体的な症状のことのみを指すものではありません。上にあげた症状はともするとバラバラなものに見えますが、全体的にみて口の中の機能が下がってしまっている状態にあることをトータルにとらえ、それらをまとめて「口腔機能低下症」と言うのです。言葉のイメージで言うと、生活習慣病、と呼ぶ感じに近いかもしれません。
実は口腔機能低下症、2018年からこの病名がつけられ、歯科医院で保険での請求が可能になりました。こうした名前で認識されるようになったのは、歯科の世界でもかなり新しいものなのです。
そのため、まだ知られざる新たな病気のように感じられるかもしれませんが、そうではなく、広く多くの方に生じている口の中の機能低下をトータルに病気として捉えるようになったものだとご理解ください。

おすすめ記事

  1. 歯磨きの頻度はどうしていますか?
  2. 原因が分からない歯の痛みは歯科心身症かも!?②
  3. 気になる口臭
  4. 子どもの歯磨き粉の選び方♪
  5. 歯の危険サインを見逃さないで!!
  6. 代用甘味料なら虫歯にならない?
  7. 詰め物をしていても、MRIの撮影って大丈夫?
  8. 歯の黄ばみってなんとかなるの?

関連記事

  1. 歯が着色しやすい食べ合わせ、歯を白く保ちやすくする食品
  2. 歯医者さんってどうやって選んでいますか? ②
  3. 寝る前に飲む飲み物に注意 !③
  4. 子供の滑舌が悪いのは舌が原因!?②
  5. こどもの虫歯予防!
  6. 鼻呼吸がマスクの代わりに!?免疫力アップのコツとは!
  7. 岡本歯科ロコクリニックのよくわかる『キシリトール』
  8. 歯科助手のお話
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP