岡本、摂津本山で小児歯科行くなら、どこに行く?

こんにちは(^ ^)

岡本歯科ロコクリニック院長の池澤慎哉です!

今日は僕が思う『小児歯科』を選ぶ基準を話したいと思います。あくまで僕の個人的な意見ですので、偏りあるかもですが、そこはスルーしてください!笑

全員に合わせた内容とか、まぁ無理なんで(^_^;)笑

『あー、なるほど!こういう基準もあるんだな!』ぐらいで読んでもらえたらと思います(^ ^)

ポイントは3つ!

①先生の身近に子供がいること

②将来を見越した治療や提案をしてくれること

③予防歯科をしていること

以上です!

『えっ?!それ関係ある?』って、声が聞こえてきそうですね!笑

②はわかるけど、他はどうなん?って思われるかもしれないですね!

では、解説していきたいと思います(^ ^)

まず、①です。

担当してくれる先生の近くに、小さい子供がいることってすごく大事なんです!

子供の扱いに慣れていない先生と慣れている先生では、お子さんの対応にかなり差が出ます。

なんか悪さをしたり、言うこと聞かないときに、『うちの子もそうやし、仕方ないな!』と思えるのか、『なんでこんなん相手にせなあかんねん』って思うのかは態度に出てしまいます。

やはり、お願いする側としては、優しく対応してくれる先生がいいですもんね(^ ^)

ということで、子育ての経験(甥っ子や姪っ子でもいい)があるかどうかは大事なポイントです!

②に関しては、なんとなくわかりまよね?

今すぐに穴を埋めるどうこうだけではなくて、この子の5年後、10年後、20年後に、親の思うような感じにしていくために、いま何をする必要があるのか?を考えて、ちゃんと提案してくれる先生って、ほんとにいいと思います(^ ^)

そんなこと考えずに、とりあえず今これをしとけばいいっていうだけの先生もいます。

どっちのタイプの先生なのかを判断する必要があると思います!

最後に、③です。

これが意外なんですが、非常に重要です!

予防歯科をしていると、特に痛いこともされずに歯科衛生士のお姉さんと話したり、歯磨きしたり、先生にチェックしてもらったり、フッ素のりんごのクリームを塗ったりと、ほとんど嫌なことをされないので、大人とは違って、歯医者さんに対して嫌なイメージを持たなくて済むんです(^ ^)

そうなると、いざ治療になっても、平然とした態度のまま治療させてくれます。

やはり怖いイメージがないというのは、強いんです(^ ^)

なので、痛いときだけ来たり、治療するときだけ歯医者さんに行ってると、子供は歯医者が嫌いになり、治療もできなくなるのです。

やはり定期的に来院して、『ここは楽しいところだな(^ ^)』と思えるような仕組みづくりをしてる歯科医院がいいと思います(^ ^)

ということで、僕の中の小児歯科を選ぶ際のポイントでした!

是非、参考にしてみてくださいね(^ ^)

おすすめ記事

  1. えんとつ町のプペル
  2. 噛むことの大切さ
  3. サンスターの歯ブラシの特徴知ってますか?
  4. 歯垢と歯石の違いのお話
  5. 日曜診療って、便利なの? by 岡本歯科ロコクリニック
  6. ロコクリ豆知識『唾液が傷を治すのはなぜ?』
  7. コロナで食事回数が増えている!?
  8. 岡本の皆さん!歯周病と生活習慣の関わりって、ご存知ですか?

関連記事

  1. 歯茎から出血!6つの原因とすぐ試せる3つのケア③
  2. 岡本歯科ロコクリニックが語るガンと遺伝子検査の話
  3. 岡本歯科ロコクリニックの免疫と口との関係の話
  4. 歯科医院の数
  5. 岡本歯科ロコクリニックの野菜を食べることの話
  6. 岡本歯科ロコクリニックの考える『笑顔』の話
  7. ただ歯を残すのではなく、健康な歯を残していく!
  8. 歯磨きのときに注意すべきことについて
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP