歯が浮いたり、腫れたり、痛んだときの対処法


神戸市東灘区岡本にあり、

阪急岡本駅から徒歩2分の歯医者さん、

岡本歯科ロコクリニックのブログです。

 

今日は前回の続き、

『歯が浮いたり、歯茎が腫れたり、痛んだりしたときの治し方』

について書いていきます。

 

前回、このような症状は細菌と免疫力との関係だと書きました。

そして普段から、細菌はたくさんいるが、免疫力が抵抗しているから症状が出ないだけで、

いつ症状が出てもおかしくないこともお話ししました。

 

では、今回はそうなってしまった場合の対処法について書いていきます。

 

歯が浮いたことで

・噛むと痛い

・膿がたまっているため、歯茎が腫れてる

・歯茎のところを押すと痛い

などが起こる可能性あります。

ですので歯科医院で診てもらう必要があるのですが、

やってもらうことは3つです!

・噛み合わせの調整

・歯茎が腫れて膿が溜まってれば、切開

・抗生物質を出してもらう

以上です。

もちろん、場合によっては、もっとしてもらわないといけないこともありますが、

ひとまずこの応急処置をしてもらい、

あとはゆっくり休んで体力を回復させ、

免疫力を上げることも大切です!

ぜひ、このような症状で悩まれているときは早めに歯科医院を受診してくださいね(^ ^)

ほんとにそれだけでかなり治りやすくなりますし、

なによりも少しは痛みから解放されるので、楽になりますよ!

おすすめ記事

  1. 疲れたときに歯が浮いたり、痛くなるって、どういうこと?
  2. 岡本歯科ロコクリニックの『実はすごい唾液の力』
  3. セラミックインレーのお話
  4. 歯を守りたい!!
  5. 詰め物をつけた後に歯がしみる、痛みを感じるのはなぜでしょう?
  6. 次世代のリップ、ラシャスリップ!
  7. エナメル質のお話
  8. 歯が痛い時に今すぐお家でできる対処方法!①

関連記事

  1. 歯の白さは人によって違うのはなぜでしょう?②
  2. うつぶせ寝に注意!
  3. 口の中にニキビ!?
  4. 歯が抜けたら放置しないで!!
  5. 朝の歯磨きの意味って、ご存知ですか?
  6. 銀歯が見える女性は嫌われる?③
  7. 唾液のすごいチカラ!!!
  8. なぜ治療すると銀歯になるの??
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP