歯のトラブルに自分でできる応急処置方法

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。

急に親知らずが痛くなって困った経験はありませんか?親知らずの周りの歯ぐきが腫れて、咬むのも口を開けるのも食事するのもじっとしてても辛い!夜間や休みの日、大事な予定が入っていてすぐに歯医者に行けない時に強い痛みが出るととても大変ですよね。そんな時にご自身でできる応急処置方法をご紹介したいと思います。
親知らずの周りの歯ぐきが腫れる「智歯周囲炎」とはなんでしょうか?親知らずの周りの歯ぐきが腫れることを「智歯周囲炎」と言います。一番の原因は歯ぐきの周りの磨き残し、汚れです。汚れの中にひそんでいるバイ菌の影響で歯ぐきが腫れ、強い痛みが出ます。歯ぐきが腫れていると咬み合わせている歯にあたってしまうため、さらに痛みが増します。
なぜ親知らずの周りの歯ぐきは腫れやすいのでしょうか。
下の親知らずは斜めや横向きに生えていたり、完全に生えきらずに歯ぐきがかぶっていたりすることが多く、歯の周りに汚れがたまりやすくなっています。また、まっすぐ生えていたとしても奥まで歯ブラシが当たっていないと汚れが残ります。
親知らずの痛みや腫れの応急処置方法もお話します。
①痛み止めを飲む
まずは激しい痛みをなんとかしたいですよね。痛みが我慢できない時は市販の痛み止めを飲むようにしましょう。歯科医院で処方されるお薬ととほぼ同じ成分なのが「ロキソニンS」です。
②うがい薬でうがいをする
お口を大きく開けられない時は刺激の少ないうがい薬を使ってうがいをし、お口の中を清潔に保つようにします。
③やわらかい歯ブラシで磨く
毛先の硬い歯ブラシで無理にゴシゴシ磨くとさらに腫れてしまうことがあるので、毛先のやわらい小さめの歯ブラシで汚れをきれいに取りのぞきましょう。血が出ることがありますが、きちんと磨いていると血は出なくなるのでやさしく磨くようにしてください。
④ゆっくり休む
しかっりと睡眠を取り、体力を回復させることでバイ菌に抵抗できる免疫力をアップさせます。
すぐに歯科医院に行けない時は、まずはこれらの方法で痛みや腫れを抑えていきます。
親知らずの痛みや腫れがひいたらどうしたらいいのでしょうか。
数日後には痛みや腫れがひき、普段の生活に戻りますが、しばらくするとまた腫れることがあります。これを何度も繰り返していると、歯の周りの骨がどんどん溶けていったり、手前の歯が虫歯になったりしてしまいます。痛みがなくなるとつい忘れてしまいがちですが、早目に歯科医院で診てもらうようにしましょう。痛みや腫れが強い時は親知らずを抜くことができないため、痛みがない時に受診することをおすすめします。
体調を崩したり、疲れて免疫力が落ちている時は要注意です。体調の変化は歯ぐきに現れやすくなっています。親知らずの痛みを繰り返している方、抜くか抜かないか迷われている方は一度ロコクリにご相談くださいね!

おすすめ記事

  1. 寝る前に飲む飲み物に注意 !②
  2. コンポジットレジンってなに??
  3. 妊娠中は虫歯になりやすい?
  4. 高齢者の方は虫歯をしっかり治療するべきなんです!③
  5. ドライマウスってなんでしょう?②
  6. 食事から虫歯予防!
  7. 岡本歯科ロコクリニックでは、唾液で遺伝子検査が出来る
  8. 子どものむし歯は大人が原因??

関連記事

  1. 岡本歯科ロコクリニックは歯医者なのに、LINE @で予約が取れる…
  2. 歯磨きは1日に何回するべき?
  3. 歯磨きをしているのにむし歯になるのはなぜだろう?
  4. 口腔ケアについてのよくある質問
  5. 生まれてくる赤ちゃんのために出来る虫歯予防法
  6. 歯が健康寿命に影響するの?
  7. マウスピース矯正って痛いの?
  8. むし歯になりやすい食べ物?
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP