イルカって虫歯にならないの?

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。
6月に入り梅雨に入りましたが、だんだんと暑さが増してきましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか?なかなかお出かけも難しいですが、週末などに涼しさを求めて水族館へ行かれる方も多いのではないでしょうか。
水族館にいる生き物の中には、人間と同じ哺乳類も多くみられます。
水族館でも代表的にあげられるのはイルカやアシカですね。私は特にイルカが大好きで、水族館に行ったらイルカショーがとても楽しみです(^^)
さて、本日はそんなイルカの歯についてお話しようと思います。
イルカの口の中には、鋭い歯が沢山生えています。
その本数は種類によって数本~100本程差があります。
エサを食べる時には歯を使わずに丸飲みにするそうです。
いつ歯を使うのかというと、エサになる魚を仕留め、
逃がさないために生えているそうです!噛むためではありません。
そして私達人間のように歯は生え変わらず、さらに虫歯にもならないそうです。
一生涯虫歯ゼロですね!
人の歯は乳歯から永久歯へ生え変わり、切歯・犬歯・臼歯とそれぞれ形が異なり、
それぞれの歯には役割があります。

一方、水族館でみられるイルカやシャチなどの哺乳類の歯は、魚を逃がさないようにすべての歯が鋭いフォークのように尖った犬歯状になっています。
また、歯と歯の間は大きく隙間があいていて、上と下の歯がぶつからないような構造になっています。
しかも、イルカは食べた魚は噛まずに飲み込むために、歯に食べカスなどがつきにくく虫歯になりにくいそうです。

それに引き換え人の歯は、食べ物を噛み切る、かみ砕く、すりつぶすといった歯それぞれの役割があります。
そのため、どうしても歯と歯の間に食べ物が挟まりやすく、歯磨きをしないままほったらかしでいると、虫歯になってしまうんですね。

そんなんだったらイルカは楽でいいなぁと羨ましく思いながらも、人はその分いろいろな味や食感を楽しむことができるので、いつでも美味しく食事を楽しむためには毎日のお口のケアはとても重要な事なんだと思います。
もし近々水族館へ行く機会がございましたら、
イルカの歯にもぜひ注目してみて下さいね(^^)/

イルカと違って人間である私たちは、美味しい物を食べた後は、歯みがきの習慣を大切にしましょうね。

おすすめ記事

  1. 訪問歯科でもよく見かける入れ歯の手入れについて
  2. お子さんの歯磨き粉とジェルの違い
  3. 岡本歯科ロコクリニックの野菜を食べる話②
  4. 神戸市東灘区岡本の皆さん、訪問歯科で何ができるかご存知ですか?
  5. 岡本歯科ロコクリニックの器具などの『滅菌』について
  6. お子さんの歯の生え変わりのお話①
  7. 電動歯ブラシのおすすめ♪
  8. 咀嚼機能と生活習慣病

関連記事

  1. 岡本歯科ロコクリニックの思う、入れ歯の洗浄について
  2. 岡本歯科ロコクリニックが語る『世界のチョコレート事情』②
  3. 岡本歯科ロコクリニックの野菜を食べる話③
  4. 治した歯が、また虫歯になる二次カリエスを知ってますか?
  5. 岡本駅のマタニティ歯科『妊娠中に出来る赤ちゃんの虫歯予防』
  6. 岡本歯科ロコクリニックの医院に込められた想い
  7. 阪急岡本駅の岡本歯科ロコクリニックが観たワールドカップ
  8. 岡本歯科ロコクリニックの考える悪い歯医者とは?(中編)
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP