歯を食いしばるのがスポーツ?!

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます。
今回は「食いしばり」についてスポーツの観点から考えていきましょう。
一般的に歯を食いしばると運動能力は上がると考えられているかと思います。
グッと食いしばるとなんとなく安定して力はかけやすいイメージがありますよね?
熱血系の監督が「歯くいしばれ!!」と言ってガムシャラに指導している時代もあったかと思います。
確かに食いしばると力はかけやすいです。
しかし、実際のトップスポーツ選手はあまり食いしばっていない例が多数あります。
まず、ハンマー投げの室伏広治選手です。
彼はハンマー投の際には実は歯を接触させません。1ミリ程度歯と歯に隙間を開けている(下顎安静位)とのことです。
次はテニスプレーヤーの錦織圭選手です。
錦織選手はフォアハンドの際に顎を右にずらした状態になるとのことです。
2017年の日本歯科医学会の記事によると他にも食いしばらずにスポーツを行なっている例はあるとのことです。
では食いしばりとはどのような能力を向上させるのでしょうか?
それはアイソメトリックな動きを行う際に食いしばりは力を発揮するのです。
アイソメトリックとは等尺性収縮を伴う運動のことです。
つまり動かないものを持ち上げようとするなど、動きを伴わないで力を入れる運動のことです。
食いしばる事は口の周りの筋肉や関節をロックすることで安定した姿勢を保つことには優れていますが、逆に動きを伴う運動の際にはロックが邪魔になりスムーズに動くことを妨げます。
よってどのスポーツにも食いしばる事が良いわけではなく、逆に結果が悪くなる可能性があります。
例えば、球技にはあまり向いていないようです。
スポーツの体の使い方ごとに顎の適正な位置があるということですね。
何でもかんでもやみくもに食いしばろうとする事はやめましょう。
食いしばりは歯科的にはあまり良くない癖と言われています。
歯は硬い組織ですが、割れたり削れたりするものです。また顎が痛くなったり、知覚過敏が起きるなどの症状が出る場合もあります。元には戻りません。
ですので日常生活で歯はお食事以外は接触させないようにするのがいいでしょう。
食いしばって能力が向上するスポーツを行なっている方は是非マウスピースを着用して行いましょう。

おすすめ記事

  1. 妊婦さんと赤ちゃんの口腔ケアのお話
  2. すきっ歯って治療が必要なの?
  3. 乳歯の抜ける時期っていつがいい?
  4. むし歯が再発する原因と予防法 1
  5. 歯科の保険治療って、よくないの?!
  6. 阪急岡本駅で日曜診療している歯医者さんの岡本歯科ロコクリニック
  7. 岡本歯科ロコクリニックの『セラミック』
  8. フッ素のお話①

関連記事

  1. 阪急岡本駅の歯医者で、子供の定期検診
  2. フッ化物(フッ素)って、ダメなものなの?
  3. 歯科衛生士のお話
  4. アマルガムって何?
  5. 妊娠時の歯磨きのお話
  6. 歯ぎしり
  7. ロコクリは日曜診療やってます(^^)♪
  8. 1時間の治療時間を取るポリシー
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP