子供の仕上げ磨きはいつまですればいいの?

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます。
子供の仕上げ磨きはいつまですればいいの?と疑問に思われたことがある方も多いことでしょう。
仕上げ磨きとは磨き残しを防ぎ、健康な歯を保つために、大人が子供に行うケアのことです。また、正しい歯磨きの習慣を身につけるための教育でもあります。
子供が一人で磨けていても実際はほとんど磨けていないことが多いです。
他のことに興味が行ってしまったり、鏡を見ずに磨いていたり、大人に比べればまだまだ手先が不器用なため、汚れがきちんと落ちていないのです。
仕上げ磨きをすることにより子供に正しい歯磨きの方法を教えてあげることができ、毎日子供の歯を見ることで虫歯や歯並びなど早めに歯科医に相談する事が出来ます。
子供の仕上げ磨きははっきりと何歳までとは決められていません。歯医者さんの多くは10歳~12歳くらいまでは仕上げ磨きをするよう推奨しています。
生えたばかりの永久歯は乳歯よりも丈夫ですが、生えたての永久歯は象牙質がまだ柔らかいため、虫歯になりやすく、進行しやすいです。
また、乳歯と永久歯が混合しており、6歳ごろに生え始める第一大臼歯や、
12歳ごろに生え始める第二大臼歯は生え初めのころは背が低いため歯並びが凸凹していて磨きにくくなっています。
12歳頃まで親が仕上げ磨きをしたほうがいいと言われているのは、小学校高学年まで永久歯への生え変わりが進むこと、奥歯まできちんと磨くのが難しいこと、
正しい磨き方ができるようになるころが高学年であるからです。
子供では磨きにくい場所を親が磨いてあげることで子供の虫歯を防ぐことができます。
お口の中の状態などによって個人差がありますが、小学生になったら自分1人でしっかり磨けるように指導していくことも大切です。
仕上げ磨きの回数を減らし、きちんと磨けているかチェックに移行していくようにしましょう。
睡眠中は唾液の分泌が減るので、夜寝ている間に1番菌が繁殖しやすいのです。
寝る前だけでも仕上げ磨きをすることが大切です。
また、仕上げ磨きは親子のスキンシップをとれる時間でもあるので歯磨きを通して親子の大切な時間にしてみてはいかがですか?
仕上げ磨きをどうすればいいかわからなかったり上手に歯磨きができない場合は、この夏休みを利用されて、ロコクリに来ていただいて気軽にご相談くださいね。

おすすめ記事

  1. マスクの下で、ホワイトニング!?
  2. 岡本歯科ロコクリニックで買える極上のリップケア
  3. 「根面う蝕」ってご存知ですか?
  4. 歯茎にできものができたことはありますか?②
  5. お口のエイジングサインについて知ってますか?②
  6. お口の健康は身体の健康!
  7. 岡本、摂津本山で受けられる『歯肉(ガム)マッサージ』
  8. 母子感染ってするの?

関連記事

  1. 口内炎の予防は歯医者さんでできる!?
  2. 岡本駅の歯医者が5/1発売の新曲のダンス練習しました!
  3. 妊娠性歯肉炎の原因と予防法②
  4. 麻酔で気分が悪くなる??
  5. 岡本歯科ロコクリニックの『親知らず』の考え方
  6. 自分の虫歯菌ってどんなもんでしょう?
  7. 白い歯って素敵♪
  8. 妊娠性歯肉炎のお話②
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP