疲労回復のススメ!①

疲労回復のススメ!①
神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます。
今回はみなさまの健康を守るための疲労回復法を少しご紹介したいと思います。
寝ても疲れが取れない、日中ずっとボーッとすることはありませんか?
その原因を突き詰めるとどうやら抗ストレスホルモンに関連があるようです。
抗ストレスホルモンとは腎臓の上にある『副腎』から分泌されるコルチゾールというホルモンです。
抗ストレスホルモンや体にストレスがかかったり炎症がある場合にそれを回復させる役割があります。
寝ている間に大量に分泌されるので基本的には睡眠などの休息を取ればある程度回復します。
ただし、ホルモンは貯めておくタンクがありますが、その容量にはかなり個人差があります。
今回は食生活や習慣を振り返りホルモンを無駄に消費する原因を取り除く方法をご説明します。
①抗ストレスホルモンを無駄に消費しない方法
・疲労している時に甘いものに頼らない
疲れていると甘いものが食べたくなりますね。甘いものを食べるとベータエンドルフィンという脳内快楽物質が分泌されるため一時的に疲れを忘れます。しかしこれは枯渇しているホルモンタンクから無理をしてホルモンを絞り出すことを行っているので結果的にさらに疲れます。
・塩分でごまかさない
疲れると塩分も欲しくなりますね。それは抗ストレスホルモンにミネラルバランスの調整の役目もあるのでホルモンの枯渇によって体は塩分を求めます。塩分は必要ですが、疲労が回復しているわけではありません。
・カフェインを摂取しない
同様に疲労しているとカフェインを摂りたくもなりますね。カフェインもベーターエンドルフィン(快楽物質)を分泌す流ので一時的には疲労は緩和した感覚がありますが、甘いものと同様にホルモンを絞り出しているだけなので根本的な解決にはなっていません。また依存性があるため「疲れたらカフェインを取ろう」という誤った回路ができるため疲れがとれません。
・夜型生活をやめる
ジャンクライトという言葉をご存知でしょうか?ジャンクライトとはジャンクフードと同じような表現で使われる体に有害な「光」のことです。例えばスマホやパソコンの光などです。夜型でジャンクライトを浴びる時間が多い方は睡眠障害や疲労、行動障害が起きやすいというデータがあります。それは太陽の光を浴びてリズムを整える体がバランス感覚を失うからです。

おすすめ記事

  1. スマイルティースで、電動歯ブラシの記事の監修をしました
  2. 歯の詰め物が取れてもしばらくは歯医者にいかなくても大丈夫?②
  3. メタボってこわい!!
  4. いびき治療ってできるの!?
  5. 岡本駅、摂津本山駅近くで歯石を取りたい方はロコクリへ
  6. 治療した歯が虫歯になるのはなぜ?
  7. 後悔させない予防歯科!
  8. 歯が健康寿命に影響するの?

関連記事

  1. ガミースマイルをJR摂津本山駅の岡本歯科ロコクリニックで治す!
  2. お口の中をしっかりケア!
  3. 岡本駅、摂津本山駅近くで歯石を取りたい方はロコクリへ
  4. 子供の歯がグラグラしてきたときは、岡本歯科ロコクリニックへ
  5. なぜ、虫歯は治さないといけないの? by ロコクリ
  6. なんだか歯がザラザラする!?
  7. ノンクラスプデンチャーってなに??
  8. 意外と知らない歯の構造
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP