虫歯を治療した後の食事において注意すべきことは?

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます。
食べ物が歯にしみるのが嫌で、虫歯を治療しようとする方も少なくないでしょう。しかし、治療が完了したからといって、すぐに食事をとって良いわけではありません。
今回は、虫歯治療後の食事において注意すべきことをお話しますので、まさにこれから歯医者さんに通院しようと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。
まず、虫歯治療の多くは、部分麻酔を打った上で実施されますが、この効果が切れるまでの間は、食事をとらないようにしましょう。
なぜなら、麻酔が効いている状態で食事をすると、唇を噛んだり、火傷しても気付かなかったりする可能性が高いからです。
これは、麻酔をした部分の感覚が、しばらくの間なくなることが理由です。
そもそも、効果が続いている間は、口がうまく動かせないことにより、食べ物や飲み物がこぼれてしまい、とても食事がとりづらいでしょう。
ちなみに、詰め物や被せ物をしている場合は神経が過敏なため、食べ物がよりしみやすくなったり、しっかり接着される前に取れてしまったりすることも考えられます。
では、治療後、いつから食事をとって良いのでしょうか?
虫歯治療後に食事をとって良いのは、大人の場合で治療から約1~3時間後、子どもで約1~2時間後です。
これは、上記くらいの時間で麻酔の効果が切れることが理由です。
具体的には、口の中のしびれがゼロになり、治療前の感覚と同じになったときと覚えておきましょう。ちなみに、麻酔をせず詰め物または被せ物をした場合は、完全に固まるまでに30分程度かかるため、その時間を過ぎてから食事をとってください。
どうしてもすぐに食事をとりたい場合はどうしたらいいでしょうか?
虫歯治療後、どうしても空腹に耐えきれず、すぐ食事をとりたいという場合は、治療していない方の歯で咀嚼しましょう。
こうすることで、知らない間に口内をケガしたり、詰め物や被せ物が取れたりする可能性は低くなります。
もっといえば、一口のサイズは小さめにし、以下のような治療箇所に害を与えにくい食べ物を選んでください。
・硬くないもの
・粘着性が少ないもの
・冷たすぎないもの(熱すぎないもの)
今回のお話のポイントは以下になります。
・虫歯の治療後、麻酔の効果が切れるまで食事をとるのは控えるべき
・麻酔の効果が切れるまでの時間には個人差があり、大人と子供でも違う
・麻酔をせず詰め物や被せ物をした場合は、完全に固まるまで食事をとってはいけない
・どうしても治療後すぐ食事とりたい場合は、治療していない方の歯で咀嚼する
以上のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

おすすめ記事

  1. 歯垢と歯石の違いのお話
  2. 過剰歯ってご存じですか?③
  3. 白い歯って素敵♪
  4. 岡本歯科ロコクリニックのマイナス1歳からの虫歯予防
  5. 唾液のお話④
  6. 阪急岡本駅で日曜診療している歯医者といえば、岡本歯科ロコクリニッ…
  7. 岡本、摂津本山の皆様、『リカルデント』知ってますか?
  8. 阪急岡本駅、JR摂津本山駅で歯のホワイトニングと言えば、岡本歯科…

関連記事

  1. 金属アレルギーには気をつけて!②
  2. 『話す、飲む、食べられる口づくり』のセミナーに参加しました
  3. 乳歯って虫歯になってもいいの?
  4. 岡本駅のマタニティ歯科『妊娠中に出来る赤ちゃんの虫歯予防』
  5. どこの歯が痛いか正確にわかりますか?
  6. 歯医者もキャッシュレスの時代!
  7. 食後すぐに歯磨きしてはいけないの?に対するロコクリの答え
  8. 歯を壊す癖がついていませんか?①
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP