安心・安全の院内感染予防対策!!

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、阪急岡本駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。待ち時間の少ない、ほぼ無痛(痛くない)虫歯治療、しっかりとした説明、日曜診療などに取り組んでいます。
コロナの流行とは関係なく、そもそも医療の現場では、人から人にウイルスなどが感染する「院内感染」が起こらないように気をつける必要があります。特に歯科では歯の削ったカスや唾液、血液を介して感染が起こるリスクが高いのですが、歯科医院側がしっかりとした院内感染予防対策を行うことで、院内感染を回避することができます。今回はそんな院内感染予防のお話をしたいと思います。
まず、歯科の院内感染で起こる病気はどんなものがあるのでしょうか。
歯科治療中に、血液や唾液を介してうつってしまう可能性のある病気として代表的なものには次のようなものがあります。
① B型肝炎
血液や体液を介した感染で、B型肝炎ウイルスの感染によって起こります。肝臓に感染をし、急性肝炎を起こすことがありますが、慢性化することはなく、9割以上が自然治癒します。ただし、まれに劇症肝炎を起こして命に関わることがあります。
② C型肝炎
C型肝炎ウイルスに感染するとそのほとんどが慢性肝炎となり、20年〜30年ほどの歳月をかけて肝硬変、肝がんへと移行していくケースが多く見られます。
③ エイズ
HIVウイルスの血液感染によって起こり、エイズを発症すると免疫機能が低下し、様々な感染症や病気を発症してしに至ります。
④他のウイルス感染症
ウイルスにはまだ確認されていないものもたくさんあると言われています。C型肝炎ウイルスも1989年に見つかるまではその存在は知られていませんでした。未知の感染症にかからないためにも院内感染対策は非常に大事です。
ロコクリでは院内感染予防のために次のことを徹底しています。
① 患者様ごとにグローブを取り替える
これは当たり前のことのように思われるかもしれませんが、実はかなり多くの歯科医院がグローブ(ゴム手袋)を使い回していると言われています。当然手洗いはしているのでしょうが、感染症を引き起こすウイルスは手洗いでし滅させることは不可能ですので、患者様ごとのグローブの交換は必須事項です。
② 器具は患者様ごとに滅菌・梱包
ミラーやピンセットなど、診療に際して必ず使う器具はそのつど滅菌器にかけて滅菌し、患者さんごとに必要なセットを滅菌パックに梱包する必要があります。
③ コップやエプロンは使い捨てのものを使用
院内感染を徹底的に予防するためには、コップやエプロンのようなものは使い捨てにするのが最良の選択と言えます。
④歯を削るドリル類を滅菌
歯科治療で一番病気を媒介しやすいと言われているのが、歯を削るドリル類(タービン、コントラ)です。通常最もよく行われているのは、患者さんの歯を削った後、アルコールで拭いて清掃し、次の患者さんに用いる、というものですが、この方法では前の患者さんの唾液や血液が機械内部に逆流して、次の患者さんの口の中に入ってしまう危険性が指摘されています。当院では使用するたびにそのつど滅菌しています。
院内感染対策というのは目に見えない部分であり、コストもかかる部分ですが、ロコクリでは患者様に安全な環境で治療を受けていただくためにも、最重要事項としてスタッフ全員が徹底して取り組んでおります。ぜひ、安心してご来院くださいね。

おすすめ記事

  1. お子さんの歯はご両親が守りましょう
  2. お口をより清潔に!
  3. お子さんの歯磨き粉とジェルの違い
  4. 飲む点滴と言われる甘酒が虫歯の原因に!?
  5. いびき治療ってできるの!?②
  6. MIペーストって使っていますか?
  7. 歯に痛みを感じる原因!
  8. 食生活で子供の虫歯予防ができる!?

関連記事

  1. 妊娠中と授乳中の歯の治療
  2. 歯がないままだとどうなるの?
  3. JR摂津本山駅付近の方で、子供の指しゃぶりが気になる方いませんか…
  4. 岡本駅、摂津本山駅近くで作れる『マウスピース』
  5. 食事の時の正しい姿勢のお話
  6. その習慣、お口によくありません!
  7. エナメル質形成不全って知っていますか? ②
  8. 頬の内側、舌に後がついていませんか?
医療法人社団 咲生会
岡本歯科ロコクリニック


〒658-0072
神戸市東灘区岡本1丁目8-2
アーベイン岡本3階
・阪急 岡本駅より徒歩2分
・JR摂津本山駅より徒歩2分
 
TEL:078-224-5372 / FAX:078-224-5373
> 個人情報保護方針
 

最近の記事

PAGE TOP